HOME  Dairy-Hiroダス                  ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

. 4月10日(月)    ニリンソウの小径

 

遠くに出かける余裕もなし・・

自宅から向かえるのは、人で溢れ返る山くらいだなと・・

比較的静かな方をちょこっと花さんぽしてみるか~

 

およよ・・平日の裏っかわは、意外にも人出があるもんだなあー

駐車場は満車だ、ちーと奥まで行って車が停められたわ。

.

今、ニリンソウが花盛り。

川のせせらぎの小径に、たっくさーん咲いてさわやかねえー

相方はミドリニリンソウでもいないかと探しているようだ。

私はあんまり興味がないのよねー

何か新発見でもしたいもんだと、うろうろと・・

 

ニリンソウの小径
ニリンソウの小径
こんな群生が延々と続きますが、ミドリニリンソウは見つからなかったようだ
こんな群生が延々と続きますが、ミドリニリンソウは見つからなかったようだ
ミミガタテンナンショウがニョッキリ顔を出していた
ミミガタテンナンショウがニョッキリ顔を出していた
ニリンソウの小径を進む
ニリンソウの小径を進む

.

ナガバノスミレサイシン、ここではどこにでも咲いている。

まとまって咲いているのは、前回の場所のほうが多かったな。

今やお山は「ナガバノスミレサイシン祭り」だ。

 

ナガバノスミレサイシン (長葉の菫細辛) スミレ科 スミレ属スミレサイシン類
ナガバノスミレサイシン (長葉の菫細辛) スミレ科 スミレ属 スミレサイシン類
ナガバノスミレサイシン
ナガバノスミレサイシン
ナガバノスミレサイシン  奥には後ろ向きの花たちが
ナガバノスミレサイシン  奥には後ろ向きの花たちが

.

川を越えたり山肌を登ってみたり・・

コチャメルソウもわんさか、ピンピンアンテナを広げて

美しいじゃないの~

フタバアオイも開花し始めています。

 

コチャルメルソウの森
コチャルメルソウの森
コチャルメルソウ (小哨吶草) ユキノシタ科 チャルメルソウ属
コチャルメルソウ (小哨吶草) ユキノシタ科 チャルメルソウ属

.

フタバアオイが葉を展開し始めていた。 葉はまだまだ小さい。
フタバアオイが葉を展開し始めていた。 葉はまだまだ小さい。
フタバアオイ (双葉葵)   たくさん蕾や開花した花をつけていた
フタバアオイ (双葉葵)   たくさん蕾や開花した花をつけていた

.

ヨゴレネコノメは、もう至る所に。 1ヶ月前に固い蕾だった株

元気に花を咲かせていた。

 

ヨゴレネコノメ (汚れ猫の目) ユキノシタ科 ネコノメソウ属  元気に花を咲かせていた
ヨゴレネコノメ (汚れ猫の目) ユキノシタ科 ネコノメソウ属  元気に花を咲かせていた
ヨゴレネコノメ  この程度の群生は、もう至る所にあった
ヨゴレネコノメ  この程度の群生は、もう至る所にあった

.

ミヤマキケマンが咲き出した。

ツルカノコソウも、間もなく開花しそうだ。

 

ミヤマキケマン (深山黃華鬘) ケシ科 キケマン属
ミヤマキケマン (深山黃華鬘) ケシ科 キケマン属
ツルカノコソウ (蔓鹿の子草) スイカズラ科 カノコソウ属
ツルカノコソウ (蔓鹿の子草) スイカズラ科

.

これはヒカゲスミレだね。

葉が茶色っぽくないから、タカオスミレじゃないね・・

 

ヒカゲスミレ (日陰菫) スミレ科 スミレ属 ミヤマスミレ類  唇弁の紫色の条が目立ちます
ヒカゲスミレ (日陰菫) スミレ科 スミレ属 ミヤマスミレ類  唇弁の紫色の条が目立ちます
側弁基部に毛が生えている
側弁基部に毛が生えている
ヒカゲスミレの花の側面  萼・虚・花柄に毛があります
ヒカゲスミレの花の側面  萼・虚・花柄に毛があります

.

明らかにタカオスミレと思える花を見つけた。

でも残念、まだ開花していなかった。

 

タカオスミレ (高尾菫) 葉の表面がこげ茶色になる
タカオスミレ (高尾菫) 葉の表面がこげ茶色になる
タカオスミレは、ヒカゲスミレの品種
タカオスミレは、ヒカゲスミレの品種

 

相方が なんじゃこれっ! と地面の穴ぼこ発見!

いかにもシャベルで掘ったような穴。 直径10cmないくらい。

イノシシじゃないのは明白だ。

これはおそらく盗掘じゃろうなーー

盗人は許さーん! わんさか来て花泥棒するなんて~

窃盗罪じゃぞ!!

 

明らかに人が掘った跡(赤丸内)
明らかに人が掘った跡(赤丸内)
もうこういうことはやめてくれい!
もうこういうことはやめてくれい!

.

川を渡りながら岩場に行くと、綺麗なエイザンスミレが咲いていました。

うーん・・収穫はスミレばっかねー

 

エイザンスミレ (叡山菫) スミレ科 スミレ属 ミヤマスミレ類
エイザンスミレ (叡山菫) スミレ科 スミレ属 ミヤマスミレ類
エイザンスミレ 葉の基部は3裂します
エイザンスミレ 葉の基部は3裂します
エイザンスミレの花 側弁の基部に毛があります
側弁の基部に毛があります
エイザンスミレの花の側面  萼・距・花柄は無毛です
エイザンスミレの花の側面  萼・距・花柄は無毛です

.

ここでしか見たことがないオウギカズラの株は47株ありました。

小さな株までしっかり数えてきたので、盗人は許しません。

HiroKen怨念ビームを喰らわせますぞ~~

しかしごくわずかな範囲にしかないのが現状です。

このお花は好きやね・・早く咲かないかなあー

 

オウギカズラの若い株
オウギカズラの若い株

.

あれま、かわいいヒナスミレちゃんたちも

ぴょっこり咲いているじゃないか。

 

ヒナスミレ (雛菫) スミレ科 スミレ属 ミヤマスミレ類  葉は披針形で、先端は尖ります
ヒナスミレ (雛菫) スミレ科 スミレ属 ミヤマスミレ類  葉は披針形で、先端は尖ります
ヒナスミレ  優しい色合いです
ヒナスミレ  優しい色合いです

 

ケロケロとカエルの声が湿った岩肌から聞こえる、

登山帰りのおじさんが、

「カエルの声が聞こえるのに、姿がないんだよーっ」と

声をかけてきた。

岩場の穴の中に潜んでるからじゃないですか? と伝えました。

聞くまでもなし、穴の中から聞こえてるじゃんよー

相方がなかなか進んでこないと思ったら、

カエルの声を録音してたみたいだ。男子なんじゃわねぇ。

 

 

.

ちょいと前まで大騒ぎして見ていたハナネコノメちゃんの場所は、

なんだい誰一人いないじゃない。

どどどど押し寄せてきて、陣取ったり痛めつけたり散々やってさー

頑張って咲いてくれたハナネコノメちゃんの姿もいいものじゃ。

また来年ね☆

 

誰も来なくなったハナネコノメの自生地 あの賑わいが嘘のようだ
誰も来なくなったハナネコノメの自生地 あの賑わいが嘘のようだ
純白の萼片は、花後には緑白色に変化していました。これも味わいがあります!
純白の萼片は、花後には緑白色に変化していました。これも味わいがあります!
どの花も子房が大きく膨らんでいた。 来年もたくさん咲いてくれるかな
どの花も子房が大きく膨らんでいた。 来年もたくさん咲いてくれるかな

.

選手交代して、ネコノメソウが花盛りだよ。

 

ネコノメソウ (猫の目草) ユキノシタ科 ネコノメソウ属  湿った場所にたくさん咲いていた
ネコノメソウ (猫の目草) ユキノシタ科 ネコノメソウ属  湿った場所にたくさん咲いていた

.

ヒロハコンロンソウマルバコンロンソウナツトウダイ

トウゴクサバノオは閉じていて、

ハシリドコロキクザキイチゲもたくさん咲いていました。

 

ヒロハコンロンソウ (広葉崑崙草) アブラナ科 タネツケバナ属
ヒロハコンロンソウ (広葉崑崙草) アブラナ科 タネツケバナ属
ヒロハコンロンソウの花  4弁の花は、咲き始めでした
ヒロハコンロンソウの花  4弁の花は、咲き始めでした

.

マルバコンロンソウ (丸葉崑崙草) アブラナ科 タネツケバナ属
マルバコンロンソウ (丸葉崑崙草) アブラナ科 タネツケバナ属
マルバコンロンソウの花 アブラナ科の白い花はみんな似ている
マルバコンロンソウの花 アブラナ科の白い花はみんな似ている

.

ナツトウダイ (夏燈台) トウダイグサ科 トウダイグサ属  名に反して春に咲き始める
ナツトウダイ (夏燈台) トウダイグサ科  名に反して春に咲き始める
ナツトウダイの杯状花序 腺体は三日月型で4個 「中心の杯状花序」の腺体は5個
ナツトウダイの杯状花序 腺体は三日月型で4個 「中心の杯状花序」の腺体は5個

.

ハシリドコロ (走野老) ナス科 ハシリドコロ属  言わずと知れた、猛毒を持つ有毒植物。
ハシリドコロ (走野老) ナス科 ハシリドコロ属  言わずと知れた、猛毒を持つ有毒植物。
ハシリドコロの花。この植物に触れた手で目をこすると、瞳孔が開いてしまうことがあるらしい(怖!)
ハシリドコロの花。この植物に触れた手で目をこすると、瞳孔が開いてしまうことがあるらしい(怖!)

.

キクザキイチゲ (菊咲一華) キンポウゲ科 イチリンソウ属 まだまだ健在
キクザキイチゲ (菊咲一華) キンポウゲ科 イチリンソウ属 まだまだ健在

.

ヤマルリソウ白花を見つけました。

稀に見つかるようですが・・真っ白を見たのは初めてです。

 

シロバナヤマルリソウ (白花山瑠璃草) ムラサキ科 ルリソウ属  まだ咲き始め。姿は普通のものと同じ
シロバナヤマルリソウ (白花山瑠璃草) ムラサキ科 ルリソウ属  まだ咲き始め。姿は普通のものと同じ
ヤマルリソウの品種です(Omphalodes japonica f. albiflora) 花はまだ平開していませんでした
ヤマルリソウの品種です(Omphalodes japonica f. albiflora) 花はまだ平開していませんでした
花の喉部まで純白なので、白花で間違いないと思います。 お初でうれしい!
花の喉部まで純白なので、白花で間違いないと思います。 お初でうれしい!

 

少し肌寒かったのですが、ぶらぶらと

3時間ちょっと花さんぽできました。

盗掘跡を見てしまうと・・ミシュランを恨みたくなるわ~

 

お帰りはまたまた例のパン屋さんに寄って、

奮発して買ってきたチーズケーキが絶品!

今まで食べたチーズケーキというものの中で、一番おいしかったあ~~

 

エルグランのチーズケーキ。 食いっかけの写真でスミマセン
食いっかけの写真でスミマセン

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ヒゲちゃびん (木曜日, 13 4月 2017 15:51)

    HiroさんKenさんこんにちは~
     まさに花祭りですね^^
     ここの道最近知りました。
     ミミガタテンナンショウ咲いていたのですね。
     オウギカズラはまだ見たことがありません(ホントです)。
     しかし高尾近辺ってなんで盗掘者が多いのですかね。
     そんなことしている暇があるなら自分磨いて欲しいです。
     という私も人間性薄いし中身がまだありませんが花見ることで濃くしたいですね^^
     更新楽しみにしていますね^^

  • #2

    Hiro (木曜日, 13 4月 2017 19:26)

    ヒゲちゃびんさん
    スミレの多いお山でした。
    ニリンソウの小径は人も少なくていい散策になりますよ!