HOME  Dairy-Hiroダス                  ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

. 7月11日(火)     美しきベニー

 

毎日猛暑が続きますねえ~

暑がりなので、毎日汗だくです。

 

本日は伊豆半島まで出かけようと意気込んでいたのですが・・

自宅近辺から道が混んでいて、

高速に乗り込むだけで相当な時間がかかってしまったあ~

これじゃー午後になっちゃうじゃんということで、

予定変更して別なお花を探りに行きました。

 

花友さんから情報を頂いていたので、すんなり見れたらいいなあ。

あーあ~咲いてるう!!

5年ぶりに見るベニシュスランです。

しかもベストな状態だわー

 

ベニシュスラン (紅繻子蘭) ラン科 シュスラン属  2017.07.11 山梨県 alt=180m
ベニシュスラン (紅繻子蘭) ラン科 シュスラン属  2017.07.11 山梨県 alt=180m
ベニシュスランが苔むした岩壁にたくさん咲いていてくれた!
苔むした岩壁にたくさん咲いていてくれた!
ベニシュスラン
ベニシュスランは、正面と横で、かなり印象の変わる花だと思います。
正面と横で、かなり印象の変わる花だと思います。

 

まとまって咲いているのが本当に美しい。

上品な色は紅というよりも淡いピンクとオレンジを混ぜたよう。

美しきベニーちゃん☆

ラッパのように、すらっとした姿は魅力的です。

 

ベニシュスランの花は、細長い花冠と、その独特な色合いが特徴です
ベニシュスランの花は、細長い花冠と、その独特な色合いが特徴です

 

相方はラン科の花全体が好きなんですが、

私はこのシュスラン属は大胆でない花なので、

とても愛着が湧きます。

シュスラン属が好きなんだと実感しました。

 

ベニシュスランは背萼片と側花弁が先端まで合着しているという、少々風変わりな構造の花です
背萼片と側花弁が先端まで合着しているという、少々風変わりな構造の花です
この場所のベニシュスランは、葉の網目模様が薄い個体と、とても目立つ個体がありました
葉の網目模様が薄い個体と、とても目立つ個体がありました

 

観察していてあれっと感じたのは、

葉の模様に個性があったということです。

ミヤマウズラのように網目がしっかり出ているものと、

網目が薄く、一本ラインがくっきりしているものなどがありました。

じっくりしっかりとベニーちゃんを見て、至福のひと時でした。

 

多くの個体は、網目模様が目立つ葉を持っていました
多くの個体は、網目模様が目立つ葉を持っていました
蕾の状態や、これから花茎を伸ばそうとしている株もたくさんありました
蕾の状態や、これから花茎を伸ばそうとしている株もたくさんありました

 

しかし・・蒸し暑くて、汗でびしょびしょになりましたわあー

岩壁にはイワタバコが咲き終わっていました。

いつまでもベニシュスランの咲ける環境が守られていってほしいです。

.

大満足して、移動して相方が見たいというクモランを探ってみます。

こちらも花友さんから教えて頂きましたので、

すぐに見れたらいいねえ。

 

ここで間違いないだろうと相方が向かう。

私はなんだかヘビが出そうなので行く気が失せた。

蜘蛛が嫌いなくせに、クモランには夢中の相方です。

あの木この木とぐるぐる探しまくって、

やっとたくさん付いている木を見つけたようですが・・

お花は開花していなかったようです。

花の時期は短いので、運よくば花が見れるかもって感じなので、

仕方ないじゃない。

 

クモラン (蜘蛛蘭) ラン科 クモラン属  静岡県 alt=175m
クモラン (蜘蛛蘭) ラン科 クモラン属  静岡県 alt=175m
クモランの蕾。 綿毛状のものは、昨年の果実の殻
クモランの蕾。 綿毛状のものは、昨年の果実の殻

 

山奥は雨が降ってそう~

本日はここで花さんぽ終了ね。

 

美しきベニー、いつまでもここに・・

 

情報を頂きました花友さんに、心より感謝申し上げます。

 

帰路のSAでの夕飯タイムに、TVの大相撲を・・

稀勢ちゃんの怪我が完治してない様子に、がっくり~

強さが際立っていたころに戻って欲しいなあ。

若手が伸びてきてるので、名古屋場所は波乱が起こるかもしれませんね。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ゆき (木曜日, 27 7月 2017 16:50)

    こんばんは、hiroさん、Kenさん、紅シュスラン、クモランの写真ありがとうございます、どちらも、癒される、自生地の写真、嬉しいです。離れた場所で、きょすみギボウシと夏えびねをみることが、できました。山の中で、見ると嬉しいですね。

  • #2

    Ken (金曜日, 28 7月 2017)

    ゆきさん、こんばんは。ご訪問をありがとうございます。ベニシュスランはとてもよい状態でしたが、クモランは花にはまだ早く、また機会を逃してしまいました。蜘蛛は大の苦手ですが、樹皮に必死にしがみついて、人知れず、目立たない地味で小さな花を咲かせるこの植物が、けっこう好きです。来年こそは開花した状態を見たいと思います。
     キヨスミギボウシは、まだ見たことがありません。普通のギボウシとの区別が難しそうな気がしますが、意外と広範囲に分布しているそうですね。ナツエビネはもうずいぶんご無沙汰しています。あのエレガントな姿をぜひまた拝みたいものです。

  • #3

    Hiro (金曜日, 28 7月 2017 20:56)

    ゆきさん
    久しぶりのベニシュスランは美しいものでした。
    ゆきさんはキヨスミウツボやナツエビネでしたか、
    もうナツエビネ咲いているのですね。
    チーバは早いですね!
    房総方面で見られるのかな、チーバで見たことがありません。
    ナツエビネは美人さんですよね。
    しばらく見てないので逢いたいものです。