HOME  Dairy-Hiroダス                  ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

. 4月26〜5月1日  ご近所通信 キンランわんさか

< 4月26日(水) > 

 

薄曇りの休日です~

昨年新発見したクゲヌマランが開花したかどうか,

見に行ってみることに・・

 

木々が青々として、あっという間に新緑が広がったわあ~

気持ち良いさわやかな緑地帯です。

キンランが開花し始めました。

この辺りでは当たり前のようにいくらでも見ることができるので、

あえてあちこち周ったことがなかったのだけど・・

保護されている樹林帯の中は、キンランの畑のように

たくさん茎を伸ばしていた。

 

キンラン (金蘭) ラン科 キンラン属  幸いにして、この界隈では自生のキンランは珍しくありません。
キンラン (金蘭) ラン科 キンラン属  幸いにして、この界隈では自生のキンランは珍しくありません。
キンラン 咲き始めのフレッシュな状態でした
キンラン 咲き始めのフレッシュな状態でした
キンランは美しい花なのですが、近くで見るとちょっと恐い顔に見えることも。
キンランは美しい花なのですが、近くで見るとちょっと恐い顔に見えることも。

.

クゲヌマランは、たくさん出るわけではない、

私が探査した地域では2ヶ所だけ、その一つは昨年1株、盗掘された。

誰でも入り込めて気軽な散歩も多いし、人目に付きやすいのもあった。

クゲちゃんさらったところで、育つわけがない!

さらわれるために咲いてんじゃないんだよーー

そっと見守って、みんなで楽しみにしようよ!!

 

新発見の場所は・・・

あー今年も逢えたね~~☆

まだ開花したばかりだけど・・

あっという間に終わってしまうんだよね。

10日ほど前は、全く気配すらなかったのにね。

 

クゲヌマラン (鵠沼蘭) ラン科 キンラン属  2017.04.26 東京都 alt=92m
クゲヌマラン (鵠沼蘭) ラン科 キンラン属  2017.04.26 東京都 alt=92m
クゲヌマラン 一番下の花がわずかに開花していました。  フレッシュな状態です。  草丈は22cm
一番下の花がわずかに開花していました。 フレッシュな状態です。 草丈は22cm

 

小さな株も含めて5株を確認できた。

無事に全部開花できればいいんだけどね~

また数日したら相方が観察に行くってー

クゲちゃんが毎年咲いてくれますように・・・

 

距がなく、わずかな痕跡のみであることが、クゲヌマランの一番の特徴
距がなく、わずかな痕跡のみであることが、クゲヌマランの一番の特徴
クゲヌマランは、距(矢印部)がわずかに膨らむのみで、ギンランとの違いは明確
クゲヌマランは、距(矢印部)がわずかに膨らむのみで、ギンランとの違いは明確

.

明確に距が出ているギンランも、少しは出てきました。
キンランと比べると、圧倒的に少ないです。
しかもスモールサイズのギンランばかりなり。

今日見ることができたランの大きさを比較すると、

ギンラン < クゲヌマラン << キンラン となりますね。

 

ギンラン (銀蘭) ラン科 キンラン属  クゲちゃんから数十メートルの場所
ギンラン (銀蘭) ラン科 キンラン属  クゲちゃんから数十メートルの場所
ギンランの距(矢印部)は、明瞭に突出します。 クゲヌマランのように不明瞭ではありません。
ギンランの距(矢印部)は、明瞭に突出します。 クゲヌマランのように不明瞭ではありません。

 

この気持ちの良い緑地帯を後世に残し、

いつまでも花々が咲く環境を保護してほしいです。

 

.

< 4月27日(木) >

 

お隣の市へ、やはりキンラン・ギンランの様子を見に行きました。

自宅近くと同じように、キンランはたくさん咲き始めていました。

やや薄めのキンランも、束のようになって立ち上がっています。

ギンちゃんは数が少なく、しかもちっこい。

ここにはクゲちゃんはいません。

 

林の中に咲くキンラン。 ここも密度が高い。
林の中に咲くキンラン。 ここも密度が高い。
この立派な株には、色が薄い花が混じっています。
この立派な株には、色が薄い花が混じっています。
キンラン 特に右端の株の、下方の花の色が薄いです。
特に右端の株の、下方の花の色が薄いです。
菌従属栄養植物への進化を目指すキンラン。 色が薄い花はその現れなのかな?
菌従属栄養植物への進化を目指すキンラン。 色が薄い花はその現れなのかな?
ギンランは数が多くない
ギンランは数が多くない

.

ムサシノキスゲが咲き始めていました。

このお花目当ての人が多いようです。

わたしゃーこのハンショウヅルのほうに魅力を感じます。

大胆な子よりも、控えめで愛らしいほうがいいよー

今年はちょっとお花の開花が遅いのかもね。

大事に保護しているので竹の枠に絡みついています。

 

ムサシノキスゲ (武蔵野黄菅) ユリ科
ムサシノキスゲ (武蔵野黄菅) ユリ科

.

ハンショウヅル (半鐘蔓) キンポウゲ科 センニンソウ属
ハンショウヅル (半鐘蔓) キンポウゲ科 センニンソウ属
ようやく先端が開き始めたハンショウヅルの花
ようやく先端が開き始めたハンショウヅルの花
ハンショウヅルの葉
ハンショウヅルの葉

 

昨年見たエビネはなくなっていた。

盗掘なのか、元々誰かが植えたものだったのかも不明。

お散歩コースでもあり、やはり人は多く訪れます。

変わったキンランを見つけたこともありますが、

たった3日で盗まれてしまったからねえ=全くけしからん!

 

けしからんと言えば・・常々目をふさぎたくなる様がある。

「そこがだめだよ日本人」と言いたい。

山に行くと、不法投棄を目にすることも多い。

わざわざ山に入り込んで、処分代のかかるものを運び込み、

投げ捨てる行為は許せない。

普通の道路脇にちょっとした茂みなどあると、

コンビニの袋に入ったごみをポンと投げ捨て。

捨ててもいいんだとばかりに同じ行為をして、

たくさんのゴミが次々と溜まっている。

非常に見苦しい。

 

自分の庭に勝手にごみを捨てられたら、激怒するだろうがあー

同じことだと思えるよ。

自宅でも、ところかまわずごみを投げてるのかい?

高速のSAでも「自宅ごみを捨てないで」と表示されているのに、

平気で大量のごみを捨てる。

自分で生み出したゴミを、身勝手な行為で規律を守れず

誰かがやるだろうって精神。

そんな人がとても多いのだと、恥ずかしくなる。

日本人の質の低下なのかなあ?

自分のしでかしたことは、自分で処理せよ!

地球はゴミ箱じゃない。

 

ずーっと気になって腹立たしい~と思うことを

書かせていただきましたあ。

 

.

他の発見は、ジュウニヒトエでもなく、

キランソウでもない花がいました。

ジュウニキランソウかしら?

以前ブルータイプを見たけれど・・

交雑しているものなんだろうと思えます。

 

ジュウニキランソウ (十二金瘡小草) シソ科 キランソウ属  ジュウニヒトエとキランソウの種間交雑種
ジュウニキランソウ (十二金瘡小草) シソ科 キランソウ属  ジュウニヒトエとキランソウの種間交雑種
ジュウニキランソウ  花はジュウニヒトエよりまばらにつきます
ジュウニキランソウ  花はジュウニヒトエよりまばらにつきます
ジュウニキランソウの花  上唇の長さはキランソウより長く、ジュウニヒトエに近い感じ
ジュウニキランソウの花  上唇の長さはキランソウより長く、ジュウニヒトエに近い感じ

 

イチヤクソウや、オオバのトンボソウの葉も確認できました。

この里山は、特別な成り立ちの地形のようです。

花さんぽには、ちょうどよい歩きができました。 

 

.

< 4月29日(土) >

 

どうしてもクゲちゃんが気になって、もう一度見に行く。

悲しいことに・・1株なくなっている!

こうして誰かが持ち去り、次々なくなり、絶えてしまう。

花泥棒めぇーー!!

そっと楽しんでくれたら、毎年咲かせてくれるんだよー

 

クゲヌマランは、開花が進んでいました。

また来年も逢おうね。

 

クゲヌマランは、開花が進んでいた  2017.04.29 東京都
クゲヌマランは、開花が進んでいた  2017.04.29 東京都
クゲヌマランは、2日前より、花の内部が見易くなっていた
2日前より、花の内部が見易くなっていた
クゲヌマランの唇弁の隆起線や、蕊柱も見えた
唇弁の隆起線や、蕊柱も見えた

花が少し遅く、固いツボミだった株も、下から開花し始めていた
花が少し遅く、固いツボミだった株も、下から開花し始めていた

 

違う場所でも1株見つかりましたが、近づけませんでした。

 

約1.6km離れた場所でも発見。 遠かったがクゲヌマランで間違いないと思う。
約1.6km離れた場所でも発見。 遠かったがクゲヌマランで間違いないと思う。

 

とにかく、綺麗だろうがなんだろうが、盗掘は許せません。

見かけた方は、厳しく注意してください。

生ぬるい言葉ではダメなんだとわかりました。

以前高尾山で、ヒナスミレをスコップで持ち去ったおばさんがいました。

あえて採取目的で来ているんでしょうね、

きつい言い方はせずに注意しましたが、

やめずに逃げていきました。いい歳したおばさんですぞー

 

高尾は人気の山で、アクセスも良く、誰でも気軽に入山できます。

健全な人ばかりが来るわけではありません。

どこのコースで何が見られたなどと情報を発信するのも、

花泥棒の手助けになることを知ってほしいです。

本当は私たちもお知らせして、多くの人に楽しんでほしいと思うのです。

しかし・・あまりにも、どこに行っても盗掘が多すぎます。

そのため、詳細な情報は出しません。

人目が多い場所は特に注意です。

 

.

< 5月1日(月) >

 

またまたキンランの咲くお山に・・

キンランはさらに開花株が増えて、開花が進んでいた。

ギンランも増えていました。

 

キンランがほぼ満開状態になっていた
キンランがほぼ満開状態になっていた

.

一人でいることが多いギンランですが、ここでは8株ほどが咲いていました。 林の奥にも点々と。
一人でいることが多いギンランですが、ここでは8株ほどが咲いていました。 林の奥にも点々と。
ギンラン なかなか巡り会えないのですが、大きく開いた花もありました
なかなか巡り会えないのですが、大きく開いた花もありました

.

とってもフレッシュな、ササバギンランが咲いていた☆

 

ササバギンラン (笹葉銀蘭) ラン科 キンラン属  苞が花序より高い。
ササバギンラン (笹葉銀蘭) ラン科 キンラン属  苞が花序より高い。
ササバギンランも唇弁の距は明瞭ですが、とがらずに台形になります。
ササバギンランも唇弁の距は明瞭ですが、とがらずに台形になります。

 

 

このお山に詳しい方とお会いしてお話を聞くと、非常に盗掘が多いそうです。また樹木の伐採が行われ、はげ山のようになっている場所があり、

そこには多くの鳥のヒナや、フクロウなどが生息していたというのだ。

 

こんな町中エリアのわずかな森に、貴重な鳥たちの住処になっているのに、

何の考えもないままの伐採には、大いに疑問があると。

確かに「これはないだろう?」というくらいに

つるつる坊主の山になっている。

雨で山の土も流れ出してしまうだろうにとも思えた。

 

ここには、ムサシアブミもいたようだ。

3株並んでいたものが、ごっそりと盗まれてしまったと。

なんだよー、こんな近くにいたなら見たかったなあ。

持ち去って、売るのか? 買う人も罪にしてほしい。

いい加減にしてよ、窃盗罪として扱うか、

高額な罰金刑にすることはできないのかあ!!

.

他にも見つけたい花があるので、車で移動してみる・・

水辺には、オオカワヂシャかしら?

いっぱい咲いている。 

 

オオカワヂシャ (大川萵苣) オオバコ科 クワガタソウ属  ヨーロッパ~アジア北部原産の特定外来生物
オオカワヂシャ (大川萵苣) オオバコ科 クワガタソウ属  ヨーロッパ~アジア北部原産の特定外来生物
葉の鋸歯が目立たないこと、花色が濃いことから、オオカワジシャと判断しました
葉の鋸歯が目立たないこと、花色が濃いことから、オオカワジシャと判断しました

 

ゴロゴロ雷様が鳴り出してきた。

危険を感じたので散策をやめた。

 

地元の産直所でランチ

お安く提供してくれている。

新鮮野菜も買えて、なかなかいい直売所でした。

 

5月2日にクゲヌマランは4株盗掘されてしまい、

たった一株になってしまいました。

クゲちゃんは泣いているでしょう。

花さらい、あなたにはきっとバチが当たります!!!!

 

減塩醤油ラーメン ¥550 懐かしい味
減塩醤油ラーメン ¥550 懐かしい味
ヒレカツカレー ¥800 ご飯は古代米入り
ヒレカツカレー ¥800 ご飯は古代米入り

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    土身 仙 (火曜日, 02 5月 2017 22:01)

    県境、利根川の河川敷でもオオカワヂシャが旺盛に育っています。その横で、在来のカワヂシャが肩身狭く咲いています。
    茨城県南部の海岸で、ハマエンドウが最盛期、ハマニガナ、ハマヒルガオ、そして、スナビキソウが咲き始まました。昨年、群生して盛り上がって咲き、アサギマダラが舞っていたスナビキソウは、ごみが捨てられ、ごみ焼却され、3分の1くらいが潰されていました。 このくらいの感覚の方が、見向きもされず、生き残るのかもしれません。1~2か月後は、元気に育っていると思います。この近くでも、小さな株が広範囲にありました。

  • #2

    Hiro (水曜日, 03 5月 2017 00:12)

    土身さん
    東京の河川でどっさり咲いていました。
    在来の花が脅かされるのが一番悩みの種ですね。
    スナビキソウは大好きな花のひとつです。
    茨城の海岸にも咲くのですね!

  • #3

    YACCHI (水曜日, 03 5月 2017 07:28)

    クゲヌマラン・ギンラン・キンラン�
    クゲ&ギンは、なかなか花が開かないのに・・御ブログ写真はさすがだな〜と感心してます。
    また、楽しみにしています。

  • #4

    Hiro (水曜日, 03 5月 2017 09:42)

    YACCHIさん
    なかなか開いてくれませんよね。
    タイミングよく開いたときに撮影ができたという感じです。
    つたない写真ですが・・またいらして下さいね!

  • #5

    ヒゲちゃびん (水曜日, 03 5月 2017 15:46)

    HiroさんKenさんこんにちは~
     いいですね^^
     キンランは黄金色が大好きですね。
     ギンランも見たことがあります。
     ササバギンランとクゲヌマランはまだ見たことがありません(ホントです)。
     ハンショウヅルやムサシノキスゲ・ジュウニキランソウも見たことがありません(ホントです)。
    2017年5月3日高尾裏にルイヨウボタンの情報がネットに入ったので行ってきました。
     やはり小仏川沿いにくるとGWにも関わらず人があまりいませんでした。
     そこでは初めてオドリコソウとハナイカダを見ました
     裏の方はやはり日影で混んでいました。
     ただ目的の花は無理でしたが、タチガシワやオウギカズラ・ミヤマハコベが見れました。
     それと2010年花さんぽを見てKenさんの親父さん亡くされた見たいですね。
     更新楽しみにしていますね^^

  • #6

    Hiro (水曜日, 03 5月 2017 19:51)

    ヒゲちゃびんさん
    キンランが花盛りで近所を楽しんでいます。
    GW人気の山は人で溢れ返ってるでしょうね。

  • #7

    ゆき (木曜日, 04 5月 2017 00:32)

    こんばんは、hiroさんKenさん、キンラン、ギンラン、ササバギンラン、クゲヌマラン、美しいですね、身近に、感じる、ラン、不法投棄や盗掘、心ない人達の犯罪行為、貴重な自然が、失われる事が、許せないです、以前、山奥の神社の石段の両サイドに、ニリン草の群生の美しい場所が、あったのですが、不法投棄のせいで、台無しに、hiroさんKenさんのお気持ちが、わかります。

  • #8

    Hiro (木曜日, 04 5月 2017 08:57)

    ゆきさん
    本当に自分の都合だけの行為をする人が増えていますね。
    不法投棄にしろ盗掘にしろ、これをしたらどうなるのか、
    瞬間でも想像できることができてくれたならと思うのですが・・
    身勝手な人が多すぎて、この国は大丈夫なんだろうかと思います。