HOME  Dairy-Hiroダス                  ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

. 9月21日(木)   タニやん咲いたかな?

 

昨年見つけたタニジャコウソウ自生地、

そろそろタニやん咲いたかな?

今年の花の状況は読めないので、少々心配だけど、

好天なので向かってみることにした。

 

ナビ任せで向かったら・・

とんでもない渋滞に巻き込まれてしまい、

このルートは大失敗だと痛感した。

首都高コースなら、すすいーっと、とっくに着いていたんじゃん~

ハマ周辺ってのは、なんて交通量多いんだあーーー

 

ながあーい渋滞ロードを抜けて、現地到着。

こじんまりして整備もされていない里山は静か。

大きな大砲レンズで鳥さん狙いの人もいる。

 

タニやんに逢いに森に入った
タニやんに逢いに森に入った

.

さてさてー、タニやん咲いているんじゃろうかあー

あれれ~ これはちと勇み足だったかあ。

やっとこさ蕾が色づき始めている段階じゃないか。

ジャコウソウよりも濃い紅紫色です。

 

タニジャコウソウ (谷麝香草) シソ科 ジャコウソウ属  2017.09.21 神奈川県 alt=35m
タニジャコウソウ (谷麝香草) シソ科 ジャコウソウ属  2017.09.21 神奈川県 alt=35m
タニジャコウソウの花 なんとも言えない色合いです
なんとも言えない色合いです

 

花はまだ開いていません・・

まだまだ色も出ていない白い蕾が多かったあ~

それでもここにタニやんが咲いているのだからと、

撮影しましたよ。

 

タニジャコウソウの花 惜しい! 一番早い花は、あとわずかで開花しそうなのに... 今日はまだ口をつぐんでいた
惜しい! 一番早い花は、あとわずかで開花しそうなのに... 今日はまだ口をつぐんでいた
タニジャコウソウの枝を持ち上げ裏側から見てみた。 下部の花は開花直前、上部はまだ固い蕾
枝を持ち上げ裏側から見てみた。 下部の花は開花直前、上部はまだ固い蕾

.

なかなかベストな時に来れないねえ~

ホトトギスにも早くて、

サクラタデツリフネソウ

ちびっと咲き始めていたくらいでした。 

 

サクラタデ  咲き始め
サクラタデ  咲き始め

.

ツリフネソウが咲き始めていた
ツリフネソウが咲き始めていた

.

他にも希少な花が咲いているというのだが・・

なんだか見つからず、でした。

ヤブマメノササゲなどのマメ科の花や

ゲンノショウコも咲いておりました。

 

ヤブマメ (藪豆) マメ科 ヤブマメ属
ヤブマメ (藪豆) マメ科 ヤブマメ属
ヤブマメの花  この植物は地中でも閉鎖花をつけ、果実を稔らせるそうです
ヤブマメの花  この植物は地中でも閉鎖花をつけ、果実を稔らせるそうです

.

ノササゲ (野大角豆) マメ科 ノササゲ属  蔓性の植物。 この時期林縁などでよく目にします
ノササゲ (野大角豆) マメ科 ノササゲ属  蔓性の植物。 この時期林縁などでよく目にします
ノササゲの花  蕾も多くしばらく花を咲かせそう
ノササゲの花  蕾も多くしばらく花を咲かせそう

.

レモンエゴマの花はほぼ終わり、果実期に入ろうとしていました。

 

レモンエゴマ (檸檬荏胡麻) シソ科 シソ属  葉をちぎるとレモンの香りが
レモンエゴマ (檸檬荏胡麻) シソ科 シソ属  葉をちぎるとレモンの香りが
レモンエゴマの花は、花序の先端にわずかに咲き残っていた
レモンエゴマの花は、花序の先端にわずかに咲き残っていた

 

渋滞ロングドライブと花の完全開花がなかったことで、

なんだか二人して気力が失せてしまって、

花さんぽ終了~~

こちら方向に来たので、相方の実家に立ち寄ろうという

プランもあったのでねえ。

 

前回来たときも気に入ってお買い物をしたお店に立ち寄り、

ちょいと珈琲ブレイク・・

赤ワインの牛筋煮が絶品だったあ~

お写真は撮り忘れました。

 

タニやんには早すぎましたが、

また見に来ればいいさー

 

メモ: * は入力必須項目です