花さんぽ 2007-16-1                              ←前へ  次へ→ 

 6月3日(日)   初夏の秘密の花園 (新潟県)    1/2

  初夏の秘密の花園  新緑が生い茂り、様変わりしていました。
 初夏の秘密の花園  新緑が生い茂り、様変わりしていました。

 

 創刊第3号で紹介した、新潟県は佐渡弥彦米山国定公園の一角に位置する、国土地理院の地図にも名が載っていない低山にある秘密の花園。 オオミスミソウ(ユキワリソウ)に埋め尽くされていた、あの場所はどうなっているのか?

 

 確かめたい衝動に駆られ、初夏のある日、やって来ました。 3月には落葉樹の葉はまったくなく、とても開けた感じの場所でしたが、今は木々の葉が生い茂り、草たちの勢いも強く、同じ場所とは思えないほどです。 もちろんオオミスミソウは葉しかありません。 しかし本当に思いも掛けず、憧れの花たちに出会うことができた。

 

 まずは、山麓で出会えた花たちから紹介しましょう。 春の花が一段落し始め、果実となっている植物も目立ちます。

.

 オドリコソウ (踊り子草)  豪華な印象の花です
 オドリコソウ (踊り子草)  豪華な印象の花です
 オドリコソウ  立派な株がたくさんありました
 オドリコソウ  立派な株がたくさんありました
 ケキツネノボタン  葉、葉柄、茎に毛が生えています
ケキツネノボタン  葉、葉柄、茎に毛が生えています
 コナスビ  名にナスがついてもサクラソウ科
 コナスビ  名にナスがついてもサクラソウ科
 コナスビ 茎の葉腋に葉に隠れるように花をつけます
 コナスビ 茎の葉腋に葉に隠れるように花をつけます

.

 オウレンの果実 変わった形ですね
 オウレンの果実 変わった形ですね
ヤブタビラコ
 ヤブタビラコ
 カタクリの果実。蟻を誘う物質を持ち巣に運ばれます
カタクリの果実。蟻を誘う物質を持ち巣に運ばれます
イモカタバミ
 イモカタバミ

 

イモカタバミは南アメリカ原産の帰化植物です。 色が

鮮やかですね。 江戸時代末期に観賞用として導入され

その後全国に広がったそうです。

.

 さて、山麓の花を楽しんだら、緩い傾斜を登りいよい

よ秘密の花園へ。 ありゃ〜、あんなに見通しがよかっ

たのに、新緑が生い茂りすっかり様変わりしていました

(トップ写真)。 一面に咲いていたオオミスミソウの花は

もちろんなく、ツヤツヤした葉だけが残っていました。

 

オオミスミソウの葉
 オオミスミソウの葉

 

そして... なんとエビネ発見!! あーでも花が終わってる。

でも近くで見ることができて、感激! これがエビネかあ。

 

 エビネ発見! でも残念ながら花は終わっていました
 エビネ発見! でも残念ながら花は終わっていました
 エビネ、旬の時期に見たかった〜!
 エビネ、旬の時期に見たかった〜!
 
              <<          1      2          >>
 

花さんぽ 2007-16-1