HOME  Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2015      ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

 4月5日(日)       雨ニモ負ケズ

 

愛知県の花さんぽ2日目です。

朝から雨だよ~

雨だからって花さんぽは中止にしませんよ。

雨にも負けずに今日もお花を楽しむぞー!

 

以前2度ほど訪れた場所へ春の花探しです。

新しい車のナビには前の車の登録情報は移せなかったので、

ちょいと遠回りしてしまいました。

Oさんの「記憶ナビ」が確かなお陰で無事に現地到着できました。

 

夏には美しい田園風景も、今はちょっと寂しい
 夏には美しい田園風景も、今はちょっと寂しい

.

レインウエアーを着込んで平地のお花を探してみます。

ノジスミレがあちらこちらにたくさん咲いています。

スミレは苦手な分野なので、

Oさんから解説を受けながら・・学習ですよ。

 

ノジスミレ (野路菫) スミレ科 スミレ属
 ノジスミレ (野路菫) スミレ科 スミレ属

.

フイリフモトスミレもたくさん見ることが出来ました。

ニオイタチツボスミレもまとまって咲いてきれいだね。

ワサビのお花も咲いてるよーっとOさんが発見。

Oさんはフットワークがいいので、ずんずん進んで探し出す。

ふ~ふ~歩きの私達は遅れながらついてゆく。

 

フイリフモトスミレ (斑入麓菫) スミレ科 スミレ属
 フイリフモトスミレ (斑入麓菫) スミレ科 スミレ属
ニオイタチツボスミレ (匂立坪菫) スミレ科 スミレ属
 ニオイタチツボスミレ (匂立坪菫) スミレ科 スミレ属

.

ワサビ (山葵) アブラナ科 ワサビ属
 ワサビ (山葵) アブラナ科 ワサビ属
ワサビ  花は終盤
 ワサビ  花は終盤

.

イカリソウも咲き始め。

ショウジョウバカマは終盤でした。

 

イカリソウ (錨草) メギ科 イカリソウ属
 イカリソウ (錨草) メギ科 イカリソウ属
ショウジョウバカマ (猩々袴) ユリ科 ショウジョウバカマ属
 ショウジョウバカマ (猩々袴) ユリ科

.

山に向かって登ってみると・・

ハルリンドウが~ でも雨なのでお花は固く閉じたままです。

結構あちこちにありました。

開いていたら見事だったのになあ〜残念。

 

ハルリンドウ (春竜胆) リンドウ科 リンドウ属  しっかり閉じてしまっている
 ハルリンドウ (春竜胆) リンドウ科 リンドウ属  しっかり閉じてしまっている

 

雨の勢いは衰えずしんしんと降っています。

「もう少し登って見てくるから」とOさんが登って確認に行ってくれた。

ハルリンドウがたくさんあったくらいで、

花の気配はなかった様子でした。

のっそり夫婦は静かに待っておりました~


 

山を下りて、もう一度田んぼ周りをぐるぐると歩くことにしました。

やはりノジスミレばかりですね~

しかし・・たくさん咲いているとかわいい~

のどかで自然豊かな風景は落ち着きますね。

晴れてたらもっとよかったのだけど・・

 

ノジスミレ
 ノジスミレ

.

普通のスミレも咲いていました。

 

スミレ (菫) スミレ科 スミレ属
 スミレ (菫) スミレ科 スミレ属

 

水路にはイモリがたくさんいましたよ。

この辺りは農薬を使っていないので、

植物や生き物にとって喜ばしい環境なんでしょう。

相方の水中撮影・・よほど好きなんですなあー

イモちゃんのアップ撮ってました。

自然の中に入ると男の子に戻るんでしょうかねえ~

 

イモリがあちこちの水路にいました。
 イモリがあちこちの水路にいました。
水中でイモリと目が合った
 水中でイモリと目が合った

 

タチツボスミレはここでは非常に少ない。

一カ所だけOさんが見つけました。

もっと色んな種類のスミレが見られるかと思ったけどね。

特に新しい発見はなしでしたけど、

雨の中十分里山の春の花を楽しみました。

 

タチツボスミレ (立坪菫) スミレ科 スミレ属
 タチツボスミレ (立坪菫) スミレ科 スミレ属

 

Oさんと一緒の花さんぽはとても楽しくて、

また勉強にもなります。

なんだか不思議と・・勇気・元気が湧いてくるのです。

小さな悩みごとなども吹き飛んでしまうんですよねー。

大好きな人です☆

2日間お世話になりました。

ありがとうございました!

またご一緒して下さいね。

 

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です