HOME  Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2015      ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

 5月3日(日)     Uターン神奈川の緑地公園へ

 

ずっと風邪をひかぬように注意をしていたんですが、

ここに来て風邪をひいてしまったあ~

高熱にはならなかったので、仕事にも行けましたが・・

鼻水と咳が止まらない中、連休に伴ってお店は大忙しだー

へとへとになってしまいました。

 

今日は何とか出かけられそうなので、千葉に向かって出発です。

川崎までたどり着いたが大渋滞にはまった・・

ここから海ほたるまで50分?!

 

空いていれば十数分の距離なのに 50分もかかるとは!
 空いていれば十数分の距離なのに 50分もかかるとは!

 

恐ろしや~~現地に着くのは夕方じゃないのー

早い時間に出なかったのも悪いのですが・・

一日が台無しになりそうだ、ダメだこりゃ!

その場でUターンすることに決定!

 

相方が以前スハマソウ探しに出かけた緑地公園に変更じゃ~

裏道はスイスイじゃないかー

GWで公園はファミリー層で大賑わいです。

待たされましたが駐車場にも入れました。

神奈川もしっかりしとります、有料ですぞな。

 

遠目にスハマソウがあったという場所を見ると・・

立て看板があって記してありました。

おーエビネがいっぱい咲いているけどね。

これは自生か保護なのかよくわかりません。

 

エビネ 東向きの斜面に20株前後いた
 エビネ 東向きの斜面に20株前後いた

 

しかし・・よーく山肌を確認してみるとぽつぽつとエビネが見えます。

入り込めないので遠くからの撮影です。

植えたような様子ではないので、自生だと推測します。

 

エビネ (海老根) ラン科 エビネ属
 エビネ (海老根) ラン科 エビネ属

 

ここは宅地開発を逃れた緑地だそうです。

弥生〜古墳時代の遺跡が発見されたためですって。

よかったね~守られて!

 

湿地は作られたような雰囲気。

なんだかわざわざ植えたような水辺の花にはちょいとがっかり。

 

チョウジソウ (丁字草) キョウチクトウ科
 チョウジソウ (丁字草) キョウチクトウ科
オドリコソウ (踊子草) シソ科 オドリコソウ属
 オドリコソウ (踊子草) シソ科 オドリコソウ属

エンコウソウ (猿公草) キンポウゲ科
 エンコウソウ (猿公草) キンポウゲ科
エンコウソウ  わずかに咲き残っていた
 エンコウソウ  わずかに咲き残っていた

.

しかし、ヤマアイがたくさんありますぞ~

これは係の人に聞いたら自生だそうです。

ごっそりあったので驚きました。

初めて見たのは8年前の新潟の山です。

1年近くも何の花かわからずにいて、

その後偶然見たネットのサイトで正体が判明しました。

それ以来見ていなかったので、

こんなとこにゴッソリいたなんて~

 

ヤマアイ (山藍) トウダイグサ科 ヤマアイ属  写真は雌株
 ヤマアイ (山藍) トウダイグサ科 ヤマアイ属  写真は雌株
ヤマアイの花は終わり、果実になっていた
 ヤマアイの花は終わり、果実になっていた
ヤマアイは地下茎で繁殖し群生を形成します。落葉樹林下のみならず、竹林の一部にまで進出していた
ヤマアイは地下茎で繁殖し群生を形成します。落葉樹林下のみならず、竹林の一部にまで進出していた

 

ヤマアイがあまりに増えすぎてしまって困っているそうです。

遺跡に染めものをした形跡があったということなので、

昔から自生していたのか、それとも栽培していたのか?

とにかく至るところにいました。

 

さて、公園なのでご親切に外来種のお花にまで立て看板があります。

なにか山には花がいるだろうと、私の視線はぎんぎんです~

はあーい、いましたあーギンラン

 

ギンラン (銀蘭) ラン科 キンラン属
 ギンラン (銀蘭) ラン科 キンラン属

 

竹藪に目を凝らしていたら・・

先ほどとは違う色合いのエビネがいました。

これは植えたものじゃないね。

 

エビネ
 エビネ

 

よーく見ると奥の方にも咲いている。

筍泥棒よけの柵があるので、近づけないのが残念だ。

 

ササバギンラン キンラン イカリソウなどもありました。

 

ササバギンラン (笹葉銀蘭) ラン科 キンラン属  苞葉が花序より上まで伸びているのが特徴
 ササバギンラン (笹葉銀蘭) ラン科 キンラン属  苞葉が花序より上まで伸びているのが特徴
キンラン (金蘭) ラン科 キンラン属
 キンラン (金蘭) ラン科 キンラン属

.

相方がアルビノのキンランを発見!!

今年も見つかりましたが・・またもや花芽はなしだ。

 

アルビノのキンランと思われる植物
 アルビノのキンランと思われる植物

 

枯れているんじゃないんですよ。

昨年のものよりは弱々しい気がします。

実は・・相方は昨日も一人でアルビノ探しをしていたんです。

その報告の「Kenダス」を書いて~と言ったのですが、

なぜか拒否されました。

 

途中でUターンしちゃったけど、お花が見られたのでいいかなあ。

GW、下手に遠出しない方が無難ですなあ。

後ほどゆっくり花さんぽすればいいや~

どうも体調不良が続いているので、私は要注意かも知れません。

 

エビっちょはそこそこいるんだな・・

結構見ることが出来た。

そろそろおサル(サルメンエビネ)が見てみたいよ~

赤いお顔のおサルさんどこにいるんだあ~~

 

 

コメント: 6 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    ゆき (水曜日, 06 5月 2015 06:44)

    おはようございます、HIROさん、風邪大丈夫でしょうか?お大事に、してください、海老根らんの群生きれいですね、ギンランやササバギンラン、きんらん、山あい、太古の遺跡に、より開発を逃れた大切な自然環境ですね。昨日は、清澄きぼうしや岩たばこ、大文字草の観察に、いきました。

  • #2

    Hiro (水曜日, 06 5月 2015 18:04)

    ゆきさん
    風邪はやっと落ち着いてきました。
    急な気温上昇に体がついていかないのかもしれませんね。

    清澄山系には行ったことがなく、
    キヨスミの名のついたギボウシなんですね。
    キヨスミウツボもそうでしたね。
    千葉の山は興味深いです。
    そろそろアワチドリが咲くでしょうね~見てみたいです。
    日曜日は海岸の花探しの予定です。

  • #3

    ゆき (水曜日, 06 5月 2015 20:25)

    こんばんは、HIROさん、風邪よくなって、なによりです、きょすみきぼうしは、まだ、お花は、みてないのですが、意外と葉の大きな個体が、多いです!キョスミうっぼやあわちどりも、いい季節ですね。海岸近くの花さんぽも、いいですね。清澄山系は、もう、山ひるが、でてきて、川沿いの散策のみでしたね。アルビノ金らん、はじめてみました。貴重なお花ありがとうございます。

  • #4

    Hiro (水曜日, 06 5月 2015 21:03)

    ゆきさん
    来年の春は清澄山近くで、白いお花を見てみたいものです。
    千葉にはあまり詳しくないので、
    色々教えていただけたら嬉しいです。
    もうヤマビルですかあ~~
    遭遇したことないのですが・・
    ヘビの次にヤマビル・マダ二も嫌ですねえ~

  • #5

    ゆき (金曜日, 08 5月 2015 20:36)

    こんばんは、HIROさん、清澄山系の白いお花、すくないですね、沢のまわりで、クレソンのような、アブラナ科のかわいいお花と秋に、センブリやうめばち草は、見たりしました。私も、蛇やマダニ、やまひるが、恐くて、4月以降は、沢の奥と林は、なかなかです。(笑)前は、夏海老根やサイハイランやなぎらん、繻子ラン類も、観察できたのですが。

  • #6

    Hiro (金曜日, 08 5月 2015 22:30)

    ゆきさん
    千葉のナツエビネ見たいものですね。
    自生は一度しか見たことありません。
    今年はシュスランやオオシマシュスランなど探したいです。
    簡単には見つからないのかなあ~

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です