HOME  Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2015      ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

 6月20日(土)     小さな希少種を探しに

 

ずっと見てみたいと思っていた、

小さな希少種を探しに北関東にお出かけです。

 

春の観察会にてヒントを頂いていましたが・・

見つかるかどうか? とも言われておりました。

一か八か、なんとか行ってみようー

 

探す前に腹ごしらえだー

以前訪れたことのあるレストランでランチを頂きました。

私達のことを覚えてくれていて、

日記もご覧頂いてくれていました。

今回も美味しく素敵な接客で気分良くランチを楽しめました。

 

ビーフシチュー お肉がトロトロでした。
 ビーフシチュー お肉がトロトロでした。
ポークソテー とてもおいしいお肉でした。
 ポークソテー とてもおいしいお肉でした。


山道をぐるぐる

こんなとこあったのねーというような深い森です。

ブナやミズナラの森

この木々を一本一本見上げて探すのは大変ね~

だめかもしれないという気持ちも拭えないまま

二人で必死に探しまわります。


ブナやミズナラが多い深い森
 ブナやミズナラが多い深い森

 

しかしねー目的の花以外もこれといって花がないんですよ。

コバイケイソウも終わっていました。

森の雰囲気や木々の状態から探るポイントを変えてみる。

雨が降り始めた。

 

しばらく歩くと・・

遠くに怪しげな古木が見えた。

相方が双眼鏡で、じーっと観察していると、

「おー、着いてるぞ!」

しかし遠すぎます・・

ほぼ撮影困難だ。

 

デジイチの70mmで撮影。四角の部分にいると言うのだが... まったくわからない。
 デジイチの70mmで撮影。四角の部分にいると言うのだが... まったくわからない。
コンデジの900mm相当で撮影。 アノ花がいるのはわかるが・・ 遠すぎる!
 コンデジの900mm相当で撮影。 アノ花がいるのはわかるが・・ 遠すぎる!

.

じゃー近くの木にもあるかもしれないと、

さらに進んで行くと・・

太い大きな木に、うっすらグリーンが見えた!

「あれはそうじゃないかな?」

相方が双眼鏡で確かめる。

間違いなく着いていた☆

クモイジガバチです!

 

クモイジガバチ (雲居似我蜂) ラン科 クモキリソウ属  絶滅危惧1A類  2015.06.20
 クモイジガバチ (雲居似我蜂) ラン科 クモキリソウ属  絶滅危惧1A類  2015.06.20

 

やや近い場所といっても、とっても小さい花は、

高い木の上ですからね~

望遠レンズも、大砲のようなものを持っていないと厳しいです。

もう一本他の木に着生しているのも確認出来ました。

 

高さ4〜7cmほど  どうして木の上で暮らすことを選んだのかな? ライバルが少ないから?
 高さ4〜7cmほど  どうして木の上で暮らすことを選んだのかな? ライバルが少ないから?

 

さらに近くで見えるものはないかと進みましたが、

見つかりません。

雨足が強くなってしまい、

なんだか不安な天候になってしまったので、

戻って見つけた花をじっくり撮影しようとなりました。

相方は行きたがっていたんですけどね。

 

なんせ対象のお花は小さいです。

それなのに高い木の上。

まともないい写真は撮れません。

それでも見つかった感激とこの花の生命力に惹きつけられました。

 

クモイジガバチ  自生地は限定され、出逢うことはとても難しい
 クモイジガバチ  自生地は限定され、出逢うことはとても難しい

 

高い木の上で生きようと決めた花だ。

それなのに、この花を剥がし捕り持ち去る人がいるとは、

非情だと思いました。

 

困難な花探しと思いましたが、

観察できることが出来て幸運でした。

夕方まで観察して温泉宿に宿泊しましたよ。

 

翌朝は曇天から雨になりました。

貴重な花が咲く湿原を見つけたいと行ってみましたが、

果てしなく広く特定できませんでした。

渓谷歩きも雨で滑ってなんだか危険。

これといった花がない。

なんだかわからない花のつぼみがありました。

 

名前のわからない植物がいた
 名前のわからない植物がいた
まだつぼみ。どんな花が咲くのかな?
 まだつぼみ。どんな花が咲くのかな?

 

車であちこち探ってみましたが、

お昼になり諦めることにしました。

ふっと入った道で、素敵なお店があったので

ランチに立ち寄りました。

 

感じのよいマダムが迎えてくれて、内部は

山小屋風の店内がぬくもりあって、

とても安らぎます。

多摩ナンバーが懐かしいとおっしゃって、

東京から10年前に移住してきたそうです。

 

ご夫婦二人三脚で手作りのお料理を提供しています。

ガレットランチとミックスピザランチを頂きました。

 

野菜たっぷり蕎麦のガレット
 野菜たっぷり蕎麦のガレット
手作りピザもおいしく、ボリュームがあった。
 手作りピザもおいしく、ボリュームがあった。


お野菜ふんだんでとても美味しかったです。

またこの辺りに来たら立ち寄りたいお店です。

 

多くの花が見られた花さんぽではありませんでしたが、

希少な花を見ることが出来てよかったです。

ヒントを頂きました植物の先輩方に感謝申し上げます。



コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    みっちゃん (月曜日, 22 6月 2015 11:45)

    すさまじい執念の花さがしに敬服しました。
    今読んでいる「槍ヶ岳開山」に出てくる修行僧の生き様が重なって見えます。
    これからも陰ながら応援しています。

  • #2

    Hiro (月曜日, 22 6月 2015 15:11)

    みっちゃんさん

    修行僧だなんて・・おこがましいことでございます。
    単なる花見人ですから~
    数年前から、この花を見たくていたんですが・・
    情報を頂けませんでした。
    先輩方からヒントだけもらいましたので、
    ずっと木の上ばかり見ながら森をぐるぐるしていました。
    しょうがないなあ~とクモイジガバチが呼んでくれたんだと思っています。
    とてもご披露できるような写真ではありませんが、
    自分の目で確かめることが出来たので、
    私は幸福な気持ちでした。
    みっちゃんさんの優しい声援は励みになります。
    ありがとうございます。
    また花さんぽ頑張りますね!

  • #3

    ゆき (水曜日, 24 6月 2015 22:23)

    こんばんは、HIROさん、Kenさん、貴重な、野生らん、クモイジガバチ草の写真ありがとうございます、雨天と深い森の中での散策、大変でしたでしょう、情報が、なくて、発見、すごいです、そして、素敵なお店、ありがとうございます。

  • #4

    Hiro (木曜日, 25 6月 2015 06:51)

    ゆきさん
    途中から雨に悩まされました。
    見つけ出せるかわからないクモイジガバチでしたが、
    運よく見つかりました。
    ずっとここに咲き続けて欲しいです。
    美味しいお店の発見もあって楽しい花さんぽとなりました。

  • #5

    ゆき (木曜日, 25 6月 2015 15:01)

    こんにちは、HIROさん、kenさん、樹上の生活を選んだクモイジガバチ草、いきいきとして、風に、そよぐお花も、愛らしいですね、素敵な写真ありがとうございます、かわらない、環境で、見守られながら、末長く、自然な状態で、生き続けてほしいですね。その場所でこその美しさが、悪者には、わからないのでしょう。

 

HOME  Dairy-Hiroダス