HOME  Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2015      ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

 10月10日(土)   秋の東海花めぐり その1

 

10月10日昔は体育の日だったじゃんね~

なんでもかんでも日曜日に当てはめちゃってつまらないわ。

 

久しぶりに私は連休になったので、思いっきり花さんぽを楽しもうと、

昨年見逃した花やお勧めのスポットに出かけてみました。

朝からいやなニュースが報道されて、

なんだかんだと意見しながら車中で話していたら・・

相方にこれから花を見に行くのに、気分悪いからやめてと言われたあ~

心の狭いやっちゃなあ~妻の日々の思いを受け止める

広い心を持ちたまえー。

言いたい放題できるんはあなたしかいないんじゃ~

 

多少テンション落ち気味になりながらも花モードに切り替える。

本日は渋滞もなく無事に静岡に到着。

ユキミバナの帰りに立ち寄った場所の花は咲いたかな?

まずはホトトギスが見事に咲き揃っていましたよ!

 

ホトトギス (杜鵑草) ユリ科 ホトトギス属  2015.10.10 静岡県
 ホトトギス (杜鵑草) ユリ科 ホトトギス属  2015.10.10 静岡県
ホトトギス 垂直に近い斜面から垂れ下がるように生えていました  満開、見頃です
 垂直に近い斜面から垂れ下がるように生えていました  満開、見頃です
ホトトギス  複雑な形の花 花被の内側には多数の紫色の斑点があります
 ホトトギス  複雑な形の花 花被の内側には多数の紫色の斑点があります
ホトトギスの花柱は3裂し、更に先端が2裂し、反り返ります
 花柱は3裂し、更に先端が2裂し、反り返ります
ホトトギスの花柱の上部には、水滴のように見える腺毛状突起がたくさんあります
 花柱の上部には、水滴のように見える腺毛状突起がたくさんあります
茎には上向きの毛が密生します。葉にも毛があり、花柄には腺毛が生えます。花被の外側にも微毛が。
 茎には上向きの毛が密生します。葉にも毛があり、花柄には腺毛が生えます。花被の外側にも微毛が。

 

イワホトトギスなのか? 良くわかりませんが・・

いろいろと分類したがる植物の世界ですが、

イワホトトギスはホトトギスの変種とされているようで、

別種とはしないようです。

ふーんって感じですね。

スミレとか果てしなく名前を変えて分けてるのにね。

.

セキヤノアキチョウジもあちこちにたくさん咲いています。

 

セキヤノアキチョウジ (関屋の秋丁字) シソ科 ヤマハッカ属  咲き始め
 セキヤノアキチョウジ (関屋の秋丁字) シソ科 ヤマハッカ属  咲き始め
セキヤノアキチョウジは花柄が長く・萼裂片の先端が細く尖る点が、アキチョウジとの違い  他の植物の綿毛が絡んでいた
 花柄が長く・萼裂片の先端が細く尖る点が、アキチョウジとの違い   他の植物の綿毛が絡んでいた

.

3週間前に見つけた超遅咲き?のメタリックなタチキランソウが、

まあ〜だ頑張っていた!

 

普通は4〜5月に咲きます。 季節外れに頑張って咲き続けるタチキランソウ 相方のお気に入り
 普通は4〜5月に咲きます。 季節外れに頑張って咲き続けるタチキランソウ 相方のお気に入り
タチキランソウ 花もこんなに元気! スゴイ個体だ
 花もこんなに元気! スゴイ個体だ

.

群生しているダイモンジソウは?

おー咲いております!

 

ダイモンジソウ自生地 湿った岩肌を覆い尽くすようにダイモンジソウなどが生えている
 湿った岩肌を覆い尽くすようにダイモンジソウなどが生えている
ダイモンジソウの数はすごいがまだ花茎を上げていない株も多い
 数はすごいがまだ花茎を上げていない株も多い

 

本当にこんなに大きな群生は素晴らしいものです。

どうか開発されないように・・祈ります。

 

ダイモンジソウ (大文字草) ユキノシタ科 ユキノシタ属  花つきがよい株
 ダイモンジソウ (大文字草) ユキノシタ科 ユキノシタ属  花つきがよい株
ダイモンジソウ ホトトギスと共に咲く
 ホトトギスと共に咲く
ダイモンジソウの花 まるで夜空の花火のよう
 まるで夜空の花火のよう
ダイモンジソウ バランスよく「大の字」になって葯もきれいな花は、なかなかないね
 バランスよく「大の字」になって葯もきれいな花は、なかなかないね

.

花弁がギザギザしているのもいるじゃない。

こんなのは初めて見た気がする。

 

花弁に明確な鋸歯がある株があった!
 花弁に明確な鋸歯がある株があった!
キレベンダイモンジソウ? こんなに花弁の鋸歯が深い花は、ネットで検索しても見つからなかった
 こんなに花弁の鋸歯が深い花は、ネットで検索しても見つからなかった
もしかすると キレベンダイモンジソウ(f. serrulata) という品種かな??
 もしかすると キレベンダイモンジソウ(f. serrulata) という品種かな??


二人で夢中になって撮影していると・・

男女お二人がやってきて、

「ずいぶんここは知られてしまったわね」

私たちが撮影していたから?

よほどの花好きさんしかやってこないような場所だけどね。

こんな場所は滅多にないので広まったのかも。

 

ちょいとお話していたら・・

「東京から来たってことは? 昨年スルガジョウロウで会いましたよね」 

そう言われてみれば、案内して下さった花友さんのお知り合いが

何人かいらっしゃいました。 そのお一人だったそうです。

相方のお腹を見てわかったようです。

「減ってませんねー」と言われてましたあ~ ありゃらん。

こうなったら激痩せして別人のようになるしかないぞー!

 

ここでの観察は出来たので、お昼にします。

浜松で以前立ち寄った鰻屋さんに向かいます。

そこのウナギが食べたいんだという相方です・・

私は相当大人になってからウナギが食べられるようになったので、

まったくこだわりもないんですけどね。

 

行ってみたら・・もうランチタイムも終わって準備中になっていた。

落胆する相方、お高いウナギですのでホッとするわたくしです。

ウナギモードになっているので、もうウナギ以外は考えられないのでしょう。

しかし・・ウナギの盛んな町なのに営業しているお店がない。

なんとか営業中のお店があったので、

ここでもいいかと入ってみた。

悪くはないが、目的のお店にはかなわないものだと不満足げ・・

ランチにあわせて行きたいなら時間配分考えて行動せにゃ~

やれやれー 食に関してはご機嫌損なわないでよー


東京でも食べられるレベルだとと相方評価、肝吸いは絶品
 東京でも食べられるレベルだと相方評価、肝吸いは絶品

 

お腹いっぱいになって別な場所に向かいます。

エンシュウハグマをもう一度ちゃんと撮影したいというのです。

山に向かって歩いていくと・・ あれれーしっかり草刈されている。

遊歩道脇にたくさんいたのに、なんじゃあ~、一株もないじゃん!

探し回っても見つかりません。 これはかなりガッカリです。

ここは無理やりいろいろな種類の桜を植え込んでいるので、

今後が心配ですね・・ 他にもいろいろな花が咲くのに~・・

自生の希少な植物よりも、植えた桜の木が優先されているようです。

私たちのような花好きにとっては、残念なことです。

.

しぶしぶ先に進んで歩いてみると、

ムラサキセンブリが咲き始めていました。

結構な数があります。

信州のムラサキセンブリとなんだか様子が違って見えるなあー

 

ムラサキセンブリ (紫千振) リンドウ科 センブリ属  愛知県 咲き始め
 ムラサキセンブリ (紫千振) リンドウ科 センブリ属  愛知県 咲き始め
ムラサキセンブリはツボミの数がすごい すべて咲き出したらさぞかし見事でしょう
 ツボミの数がすごい すべて咲き出したらさぞかし見事でしょう

.

蛇紋岩地に咲くヤナギノギクが咲いておりました。

お初のお花です。

葉がとても細いのでわかりやすいです。

 

ヤナギノギク (柳野菊) キク科 シオン属 ヤマジノギクの変種 蛇紋岩地に生える
 ヤナギノギク (柳野菊) キク科 シオン属 ヤマジノギクの変種 蛇紋岩地に生える
ヤナギノギク 茎上部の葉はとても小さく細い
 ヤナギノギク 茎上部の葉はとても小さく細い
ヤナギノギクの花の側面と総苞片の様子
 ヤナギノギクの花の側面と総苞片の様子
ヤナギノギクの下部の茎葉 線形で幅1.5〜3mm
 下部の茎葉 線形で幅1.5〜3mm

.

オケラもあちこちにたくさん咲いていました。

ミカワマツムシソウにもまた逢えました。

 

オケラ (朮) キク科 オケラ属  そろそろ終盤でした
 オケラ (朮) キク科 オケラ属  そろそろ終盤でした

.

ミカワマツムシソウ (三河松虫草) スイカズラ科 マツムシソウ属
 ミカワマツムシソウ (三河松虫草) スイカズラ科 マツムシソウ属
ミカワマツムシソウはマツムシソウの変種 蛇紋岩地に生えます
 ミカワマツムシソウはマツムシソウの変種 蛇紋岩地に生えます
ミカワマツムシソウの花はマツムシソウと比べてずっと小さい(直径1〜2cm)。 舌状花の数も少ないです。
 花はマツムシソウと比べてずっと小さい(直径1〜2cm)。 舌状花の数も少ないです。

 

もう夕刻になってしまった。

本日は豊田市に宿泊なので向かいます。

ホテルのフロントマンが「惚れてまうやろ~」の

チャンカワイにそっくりでした。

 

ホテルのBSでグレートトラバース2を観られてよかったあー

白砂山に向かうルートを間違って、相当苦労して歩いたんですねー

野反湖のバンガローでバッタンキューしてました。

私たちの定番部屋に泊まってましたよー。

田中陽希さん、今度はゆっくり野反湖に来てね~

 

大いびきおじさんに悩まされてなかなか寝付けなく・・

しんどい夜になりましたあー

私に安眠タイムを~~

 

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    たなちゃん (木曜日, 15 10月 2015 10:42)

    ホトトギスが群れをなして咲いてますね
    大きくアップしたのもありよくわかります
    ダイモンジソウもきれいです
    素晴らしい写真ですね
    ありがとうございました

  • #2

    Hiro (木曜日, 15 10月 2015 14:25)

    たなちゃんさん
    見事なホトトギスとダイモンジソウの群落でした。
    ホトトギスはアップで撮りたくなりますよね~
    花弁に切れ込みあるギザギザのダイモンジソウが珍しいものでした。
    花を見ることが第一なので、写真は上手ではありません・・
    苦戦しながら撮影しています。

  • #3

    ゆき (金曜日, 16 10月 2015)

    こんばんは、HIROさん、kenさん、秋の東海、ホトトギス、大文字草、松虫草、オケラ、自生地域の貴重な写真ありがとうございます、秋から冬支度の野山、植林の桜より、昔からの植物も、大切に、して、ほしいですね。身近な四季を感じる、お花たち。うなぎ、美味しそう❗国産うなぎは、美味しいけど、高いですよね❗(笑)

  • #4

    Hiro (金曜日, 16 10月 2015 20:52)

    ゆきさん
    東海のお花はとても楽しめました。
    ダイモンジソウの変わったのが見られたのは嬉しい発見でした。
    うなぎは高いですね~~
    浜松に立ち寄ったので、相方がどうしても食べたかったのですよ。

 

HOME  Dairy-Hiroダス