HOME  Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2015      ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

 11月1日(日)     誇り高きハマギク

 

もうお花の追いかけもなくなってきてしまう季節だねー

さびしい限りです。

今日は新潟にいる弟の誕生日だったので

お祝いのメッセージ送っておきました。

怪我をしたりしているので・・

いつまでも若くないんだよ~気をつけてね。

 

今日は久しぶりに茨城遠征します。

今年は開花が早かったというハマギク・・

2年ぶりかな? 見に行こう!

 

相変わらずのんびりムードの相方を待っての出発です。

到着はお昼になってしまうので・・

鵜の岬で海鮮ランチしようと直行しました。

太陽サンサンで潮風も爽やか~気持ちよかあ~

どうも海を見ると元気になる私。

 

茨城県の海岸  晴天、気持ちいい! 海岸はなんだか元気になる
 茨城県の海岸  晴天、気持ちいい! 海岸はなんだか元気になる

 

人気のレストランで、海岸の景色を眺めながらお食事出来ます。

生のお刺身って・・私は食べられるものと,

食べられないものがあるのでーす。

相方に助けてもらいます。

お腹いっぱーい、美味しくいただきました。

 

定食「はまなすコース」
 定食「はまなすコース」
相方が食した「大漁丼定食」
 相方が食した「大漁丼定食」

.

さー歩きましょう。

もうこの浜に来てからハマギクは出迎えてくれていました。

大輪の花がとても高貴で誇らしい姿であり、

それでいてなんだか素朴さも醸し出す、魅力的な花だと思います。

 

ハマギク (浜菊) キク科  近年、本種のみキク属から独立したハマギク属とされた
 ハマギク (浜菊) キク科  近年、本種のみキク属から独立したハマギク属とされた


日本で一番大きな菊。

日本を象徴とする花ですね。

キク科は難しくてわからないのですが、

このハマギクは間違えることはありません。


学名は Nipponanthemum nipponicum 。 これぞ「ニッポンの花」!
 学名は Nipponanthemum nipponicum 。 これぞ「ニッポンの花」!
頭花は直径約6〜7cmと大きく、とても見応えがあります
 頭花は直径約6〜7cmと大きく、とても見応えがあります

 

庭などに植えているのを見かけますが・・

やはり海岸の崖や丘にまとまって咲き揃う景色は、

圧倒的な美しさが際立ちます。

 

強い潮風が吹きつける、人が近づけない断崖に咲く
 強い潮風が吹きつける、人が近づけない断崖に咲く

 

あー日本人に生まれてよかったあー と思えてしまうんですよねー

西に咲くダルマギクもそんな壮観な美しさがあるんだろうなあ~

 

ハマギク 垂直な断崖のわずかな段差に根付くものも多い
 垂直な断崖のわずかな段差に根付くものも多い
ハマギク
 ハマギク
ハマギクの茎は木質化します
 ハマギクの茎は木質化します
ハマギクの筒状花
 ハマギクの筒状花

.

ウンランもまだ咲いていましたよ。

ノコンギク? ハマコンギク? わからないのは

単にキク科とします。

 

ウンラン (海蘭) オオバコ科 ウンラン属
 ウンラン (海蘭) オオバコ科 ウンラン属
キク科シオン属の花
 キク科シオン属の花

.

コハマギクも可愛らしく咲いています☆

このコハマギクもわかります。

うっすらピンクがかったタイプも咲いていました。

 

コハマギク (小浜菊) キク科 キク属  ハマギクのように海岸最前線ではなく、一歩引いた場所に咲く
 コハマギク (小浜菊) キク科 キク属  ハマギクのように海岸最前線ではなく、一歩引いた場所に咲く
コハマギク  うっすら色づいて美しい
 コハマギク  うっすら色づいて美しい


ちょっと怖い岸壁で撮影してみました。

相方もちょっと危なそうな場所に行こうとしましたが・・

コロンと落ちそうなのでやめさせました。


落ちたらもう花さんぽはできない
 落ちたらもう花さんぽはできない

 

この岬で捕らえられた鵜は、長良川の鵜飼いとして飼われるそうですよ。

鵜がたくさん集まっていました。

限られた期間に捕獲するんですって。

ホテル前の海岸線は立ち入り禁止になっていました。

前は浜に降りられたのですが震災で津波もきて、

崖の崩落が激しいようです。

 

 

ここからさらに移動して、震災後には行っていなかった海岸へ・・

変わらずに美しい浜だけど、ハマギクは減っていました。

まとまった群生は健在でしたが、やはり立ち入り禁止。

ハマギクの咲く崖の上に崩落しそうな大きな岩があって、

またいつ落ちてくるかわかりません。

しかしツワブキとの競演は素晴らしいです!

 

ハマギクとツワブキ
 ハマギクとツワブキ
ハマギクとツワブキ
 ハマギクとツワブキ


崖の上や山にもたくさんあったのですが、

崩れてしまっていました。

崩れた土砂の上には、新たにハマギクが根付いて咲いていました。


大震災前の2010年11月の撮影。 岩山の頂上から下にかけて樹木が生い茂っていた
 大震災前の2010年11月の撮影。 岩山の頂上から下にかけて樹木が生い茂っていた
今回の様子。頂上から斜面が崩壊し、樹木がすっかりなくなっていた(撮影位置は少し異なります)。
 今回の様子。頂上から斜面が崩壊し、樹木がすっかりなくなっていた(撮影位置は少し異なります)。

 

浜の別の場所で、山に入り海岸の崖に行きたかったのですが・・

道も荒れており、なんだか危険を感じたのでやめることにしました。

 

 

3箇所めとなる、もうひとつの緑地に行きましょう。

ここは初めてハマギクに出会った場所なので気に入っています。

しかしここもかなり花は減ってしまった気がします。

震災前は岸壁に咲いていて釣り人の脇で撮影し、

なんて美しいのだと感激したのですが。


ハマギクの姿が見えない。 津波の影響なのか...?
 ハマギクの姿が見えない。 津波の影響なのか...?

.

センブリ畑のようにセンブリがたくさん咲き始めていました。

キッコウハグマもたくさんだー

 

センブリ (千振) リンドウ科 センブリ属  遊歩道脇にたくさんいました。
 センブリ (千振) リンドウ科 センブリ属  遊歩道脇にたくさんいました。
センブリ どれも花つきはよいが、一度草刈りされたのか?、背が低い
 どれも花つきはよいが、一度草刈りされたのか?、背が低い
草刈りを免れた?、本来の姿らしいセンブリもいました
 草刈りを免れた?、本来の姿らしいセンブリもいました
センブリの花
 センブリの花

.

キッコウハグマ (亀甲白熊) キク科 モミジハグマ属  たくさんいた
 キッコウハグマ (亀甲白熊) キク科 モミジハグマ属  たくさんいた
キッコウハグマ  葉・花・閉鎖花・果実と全部見ることができた個体
 キッコウハグマ  葉・花・閉鎖花・果実と全部見ることができた個体
キッコウハグマ  頭花は5個の裂片を持つ3個の小花からなる
 キッコウハグマ  頭花は5個の裂片を持つ3個の小花からなる

.

ハマアキノキリンソウもあちこちに・・

コバノタツナミヤマラッキョウツリガネニンジン

 

ハマアキノキリンソウ (浜秋の麒麟草) キク科 アキノキリンソウ属
 ハマアキノキリンソウ (浜秋の麒麟草) キク科 アキノキリンソウ属
ハマアキノキリンソウ 鮮やかな黄色。高さは15cmほどしかありません。
 ハマアキノキリンソウ 鮮やかな黄色。高さは15cmほどしかありません。

.

コバノタツナミソウ  この時期に咲くとは!
 コバノタツナミソウ  この時期に咲くとは!
有毛なのでハマシャジンではなくツリガネニンジン
有毛なのでハマシャジンではなくツリガネニンジン

.

ヤマラッキョウ (山辣韮) ネギ科 ネギ属
 ヤマラッキョウ (山辣韮) ネギ科 ネギ属

 

「なんだか海のすぐそばで山の花とはなあ~」

と相方がつぶやいていました。

なんだよ~山の花も海岸の花も見られて贅沢じゃんかあ~

 

風も強くなり寒くなってきたので、

本日はここで終了としました。

渋滞もありましたが休みながら、

二人のお気に入り「よがっぺ焼き」を食す。

これを食べにゃー帰れん。

たこ焼きに山芋・蓮根・ドライ納豆が入って、お醤油味です。

守谷SA上りでどうぞ~ お勧めですよー

 

「よがっぺ焼き」 オリジナリティー溢れるたこ焼きです
 「よがっぺ焼き」 オリジナリティー溢れるたこ焼きです

 

大輪のハマギクに、少し勇気をもらったような楽しい一日となりました。

 


コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    ゆき (火曜日, 10 11月 2015 19:39)

    こんばんは、HIROさん、kenさん、茨城県の遠征、ハマギク、コハマギク、センブリ、ツワブキ、ウンラン、コバノタチナミ草、海岸沿いのお花たちの写真ありがとうございます、ランチメニュー、どちらも、美味しそうですね、そして、海岸沿い、3*11の爪痕も、すごいですね、木々よりも、小振りなハマギクとツワブキが、一部をのこして、津波の影響で、数を減らすのは、残念です、海岸沿いで、見られる、ハマギク、コハマギク、イソギク、足摺野菊、ダルマギク、お花も、かわいいのですが、葉っぱも、個性的で、とってもいいですね。

  • #2

    Hiro (火曜日, 10 11月 2015 20:16)

    ゆきさん
    震災で花たちにも何らかのダメージがあったのかもしれません。
    海岸沿いですから過酷な場所であることは間違いないので、
    植物も生き残りをかけて何か策を練っているかもしれませんね。
    海岸の花はとてもパワーがあるので、
    見ていると元気になります。

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です