HOME  Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2015      ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

 4月18日(土)    地元の人の優しさのお陰で

 

激痛の一夜をご覧いただき・・

皆様に大変ご心配おかけいたしました。

また、沢山温かなお言葉もありがとうございました。

重いものを持ったり後ろに右腕を回すことが困難くらいで、

少しずつ回復に向かっております。

 

本日は午前に相方が散髪に行きましたので、

午後から花さんぽに出かけてみました。

神奈川の里山公園に向かったのですが・・

いやいやあ~ 一般道は大渋滞で2時間以上かかってしまいましたあ~

お隣の神奈川なのに、なあーんて遠いんだあー

今度は腰が痛くなっちゃったよぉ~

 

午後5時で駐車場が閉められてしまうので、

車を降りるやいなやカメラを抱えて大急ぎで里山へ向かいました。

 

本日は流石にのんびり体質の相方でもキビキビ早く歩いている~

よっしゃー!そうこなくっちゃねぇー。

こりゃー時間も限られているから早く探そう。

 

神奈川県の里山公園  駐車場が閉まるまで1時間半
 神奈川県の里山公園  駐車場が閉まるまで1時間半 急がなきゃ

 

里山に入ってみたが・・

花の気配がないぞ~こういうときは地元の人に聞くのが一番だ。

最初にすれ違った女性に「ムサシアブミは咲いていますか?」

と聞くと、戸惑った様子で「どんな花??」

どうもお花には詳しくないようだわね。

 

じりじり歩きながら探ってゆく・・

今度はお散歩のご年配の男性とすれ違う。

すかさず聞いてみると・・

「良く聞かれるんだけど、わからないんだよねー、あっちの方に

咲くようなんだけどね」と指を指す。

そうかあ~よーし頑張って探そう!

先週は千葉県でご期待の花には逢えず空振り三振だったので、

今日はホームランを放ちたいものだわ。

.

効率を上げるため分かれ道を二手に分かれて探るんだけど・・いない。

さらにもう一つ丘があったので向かってみると・・

むむ、あれは!?

あちゃ~これはウラシマソウだあー

薄グリーンのウラシマソウが並んでいた。

緑色のウラシマソウは初めてかも。

 

ウラシマソウ (浦島草) サトイモ科 テンナンショウ属  2015.04.18 神奈川県
 ウラシマソウ (浦島草) サトイモ科 テンナンショウ属  2015.04.18 神奈川県
ウラシマソウ 花が緑色の個体は初めて見ました
 ウラシマソウ 花が緑色の個体は初めて見ました

 

まだ諦めんぞー ちょいと進むと、

花のイラスト入りの案内図が掲示されていたが・・

花の場所が適当に記してある。

間違いなくここに咲いているはずだぞー

 

相方ともう一度策を練っていたら・・

お散歩のご夫婦がやってきたあー

3度目の正直! もう~聞いちゃいます!

「あれ、さっきそうなんじゃないかと思った花を見たよ」と御主人。

わざわざ戻って、咲いている地点まで一緒に案内してくれた。

.

見てみると・・それはウラシマ君でした。

相方が「ムサシアブミはボクシングのグローブのようなんです」などと説明。

せっかく案内してくれたので、お礼を言って

もう一度よく探すことにしました。

ホウチャクソウキランソウはたくさん咲いているが・・

 

ホウチャクソウ (宝鐸草) イヌサフラン科 チゴユリ属  所々に小さな群生が
ホウチャクソウ (宝鐸草) イヌサフラン科 チゴユリ属  所々に小さな群生が
キランソウ (金瘡小草) シソ科 キランソウ属  地面にぺったり広がりまさに「地獄の窯の蓋」
 キランソウ (金瘡小草) シソ科 キランソウ属  地面にぺったり広がりまさに「地獄の窯の蓋」

.

また探索していると相方が林の奥を指さして・・

「ねえーあのでかい葉っぱはなんだい?」

「えーサトイモの葉っぱなんじゃない~」と私・・

ちょっと待てよ・・あーあーあーサトイモでいいんじゃないかあぁ~~

「あれがムサシアブミだよ!!」

ムサシアブミはサトイモ科ですもんねえー

間違いない! 大急ぎで近づいてみる。

 

いたああ~~ ぎょえ~~!!

なあんて、でかい葉っぱあ~~

 

ムサシアブミの葉は2個つき、1個は3個の小葉からなります。小葉1個でも手と比べてこんなに大きい!
 ムサシアブミの葉は2個つき、1個は3個の小葉からなります。小葉1個でも手と比べてこんなに大きい!

 

こんなに大きな葉をつけるとは思ってなかったわ。

やっぱコブラに似ているじゃん。いや、浜の番長?!・・ちと恐いぞ。

 

ムサシアブミ (武蔵鐙) サトイモ科 テンナンショウ属
 ムサシアブミ (武蔵鐙) サトイモ科 テンナンショウ属
ムサシアブミ 花の形が昔関東地方で作られていた馬具の鐙に似ているという
 ムサシアブミ 花の形が昔関東地方で作られていた馬具の鐙に似ているという
テンナンショウ属の中でも少し変わった形をしている
 テンナンショウ属の中でも少し変わった形をしている

 

この特徴的な葉を頭にインプットしたら、

さらに大きい株が見つかった☆

6つの花を咲かせていました。

地元の方々が大切に見守っているので、

棒で囲いがしてあります。

 

ムサシアブミ 大小の6株が固まっていた 葉が大きいいので壮観です
 大小の6株が固まっていた 葉が大きいいので壮観です
こんなに密生していました。
 こんなに密生していました。

 

やったねー見つかってよかったね~と安堵し、

懸命に撮影をしていたら・・

先ほどのご夫婦が見つかったよーと戻ってきてくれた。

さらに2番目に聞いたおじさまも来てくれました。

「この花がムサシアブミかー」と感心していた。

地元でこの里山に咲くのは知っていたそうなんですが、

花は見たことがなかったそうです。

 

ご夫婦も丘の上部でボクシンググローブを探しあててくれた。

この株が一番いい花の状態だと喜んでいた。

私たちが必死で探している様子だったので、

ご夫婦とおじさまは、私達に尋ねられた後も

探し回ってくれていたんですねえー

 

お優しい方々で感激しちゃいました。

それなのに「こちらこそ見れて良かったありがとう」

とおっしゃるんですー

この町の方はとっても親切で素敵でした。

人の温かさに触れる花さんぽはとっても幸福な気持ちになります。

 

近寄って見ると、スゴイ迫力だ
 近寄って見ると、スゴイ迫力だ
 ムサシアブミの花の中を覗いてみた
 中を覗いてみた

 

ご夫婦が見つけてくれたムサシアブミも

時間までめいいっぱい撮影しました。

あーよかった見つかって!

時間掛けて来た甲斐がありました。

タシロランも咲くようです。

静かに散策出来る場所なので、また来てみたいです。

帰りはもう下道は嫌じゃー高速を利用して帰宅しました。

見たいお花が見つかると上機嫌です。

 

ご夫婦が見つけてくれたムサシアブミ。 バランスが取れてよい姿です
 ご夫婦が見つけてくれたムサシアブミ。 バランスが取れてよい姿です

 

ワクワクの美しい花ではありませんが・・

なかなか出くわすことがなかったムサシアブミを観察できました。

めでたしめでたしーでしたね。

この里山公園がいつまでも守られますように・・

 

 

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    ゆき (日曜日, 19 4月 2015 23:03)

    こんばんは、hanasanpoさん、神奈川の里山公園のホウチャクソウやブーケのような、きらん草♪グリーンの浦島草、ムサシアブミ♪目標のお花、時間が、少ないなか、地元のご老人さんと御夫婦さんのご協力も、あり、見つけられて、よかったです、親切な方々ですね♪ムサシアブミの葉も、大きくて、立派!!お花も、迫力、写真を通して、また、違う一面を垣間見ました、浦島草のグリーンも、清楚な、感じですね♪変わらぬ自然が、ありますように♪

  • #2

    Hiro (日曜日, 19 4月 2015 23:57)

    ゆきさん
    ムサシアブミの葉が大きいでしょう~
    巨大なので驚きました。
    マムシグサやミミガタテンナンショウ・ウラシマソウは、
    関東では良く見かけますが・・
    ムサシアブミには出逢ったことがありませんでした。
    いかついお姿でしたが、やはり初見の花は嬉しいです。
    たくさん自生しているわけではありませんが、
    いつまでもここに咲き続けて欲しいと思いました。

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です