2014年度 下期アクセスランキング

2014/10/01-2015/03/31

 

半年間のトップ20をまとめてみました。

ご訪問数:36,774  閲覧ページ数:79,243  ユーザ数:23,232

前年同期 20,404         46,679         7,017

増減率    +80%           +70%       +331%

 

前年同期比:ランクアップ ランクダウン 変更なし 圏外からランクイン

 リストの数字はアクセス回数(ページへのご訪問数)

 

目次的要素のページを除く>

 1.  

ハルリンドウ 805

 2.  

セリバオウレン 706

 3.  

ツチアケビ 516

4.  

ツルリンドウ 431

5.  

ササユリ 428

6.  

キンセイラン 401

7.  

バイカオウレン 383

8.  

イワウチワ 365

9.  

カザグルマ 354

10.   ヤマホトトギス 353

 

 11.  

クモキリソウ 328

12.  

スハマソウ 324

13.  

ベニシュスラン 318

14.  

サイハイラン 311

15.  

ツルギキョウ 305

16.  

ムヨウラン 297

17.  

カヤラン 296

17.  

キバナハナネコノメ 296

19.  

クロヤツシロラン 291

20.  

アカカゴタケ科 286


<目次的要素のページも含める>

 1.  

HOME 8693

 2.  

野山の花アルバム 2014

 3.  

絶滅危惧種(1A類) 1897

4.  

和名一覧表 1352

5.  

野山の花アルバム2 1006

6.  

ラン科1 810

7.  

ハルリンドウ 805

8.  

絶滅危惧lB類 743

9.  

Dairy-Hiroダス 715

10.   セリバオウレン 706

 

 11.  

野反湖の花 610

12.  

絶滅危惧ll類 577

13.  

ツチアケビ 516

14.  

花色検索 489

15.  

ツルリンドウ 431

16.  

ササユリ 428

17.  

絶滅危惧 全リスト 405

18.  

キンセイラン 401

19.  

バイカオウレン 383

20.  

ラン科2 377


2014年下期(青色)と2013年下期(橙色)のご訪問数(セッション)と閲覧ページ数(ページビュー数)
2014年下期(青色)と2013年下期(橙色)のご訪問数(セッション)と閲覧ページ数(ページビュー数)

 

以下は各週のアクセスランキング

 

2015/03/22 - 2015/03/28

ご訪問数:2243  閲覧ページ数:4720

 1.   ハルリンドウ
 2.  

イワウチワ

 3.  

Dairy-Hiroダス 3月22日 へとへとお彼岸

3.  

スハマソウ

5.   セリバオウレン
6.  

キバナハナネコノメ

7.  

ヒロハノアマナ

8.  

キクザキイチゲ

9.  

ヤマルリソウ

10.  

ミノコバイモ

 

 

 

  季節の花が揃い、納得のトップテンです。ハルリンドウの1位揺るがず。独走体制に入るのか?

 イワウチワが順位を上げ2位に。 Dairy-Hiroダスの3月22日板とスハマソウが同点3位。

 キバナハナネコノメとキクザキイチゲは順位変わらず。

 カイコバイモがランクアウトし、代わりにミノコバイモがランクイン。 ご訪問数が2000を大きく上回りました。


 

2015/03/15 - 2015/03/21

ご訪問数:1996  閲覧ページ数:3946

 1.   ハルリンドウ
 2.  

Dairy-Hiroダス 3月15日 かわいい満開

 3.  

セリバオウレン

4.  

ヒロハノアマナ

5.   イワウチワ
6.  

キバナハナネコノメ

7.  

スハマソウ

8.  

キクザキイチゲ

9.  

バイカオウレン

10.  

カイコバイモ

 

 

 

  2013年度上期通期で圧倒的なアクセス数で1位になったハルリンドウが先週の3位から順位を上げ、1位になりました。このまましばらく居座るのでしょうか。

 暖かくなって来たせいか、先週と比べてアクセス数も閲覧ページ数も大幅な増加となりました。ありがたいことです。

 新規ランクインは2つのみで後はランク内で順位の上下がありました。アクセス数が増え、安定してきたのでしょう。


 

 

 

  季節の花のセリバオウレンが1位になりました。前週と較べご訪問数は微増でしたが、閲覧ページ数は大きく数を減らした1週間でした。



 

 

 

  Dairy-Hiroダス 3編がランクイン。先週公開分がセリバオウレンやハルリンドウを抑えて1位になりました。


 ササユリとベニシュスラン以外は、季節の花・話題でした。


 

 

 

  セリバオウレンが1位に返り咲き。 Dairy-Hiroダスの最新版が2位に。 季節の花のスハマソウやシロバナネコノメソウがランクイン。 夏の花のクモキリソウが順位を上げ、同じく夏の花のベニシュスランやササユリもランクイン。 キンセイランはとうとう圏外に落ち11週連続ランクインは成りませんでしたが、きっとまた復活するでしょう。


 

2015/02/15 - 2015/02/21

ご訪問数:1426  閲覧ページ数:3311

 1.   Dairy-Hiroダス 2月15日 強風にめげずに
 2.  

セリバオウレン

 3.  

Dairy-Hiroダス 2月11日 待ちに待ちました

4.  

カザグルマ

5.   バイカオウレン
6.  

ハルリンドウ

7.  

ササユリ

8.  

キンセイラン

8.  

クモキリソウ

10.  

サイハイラン

 

 

 

  最新版のDairy-Hiroダスが1位に飛び込み、1つ前の回が3位で踏み留まりました。セリバオウレンやバイカオウレンなど早春の花が、やや順位を下げたものの上位にいます。 不思議なのは真夏の花のカザグルマ。 21日夜の限られた時間帯にかなりのアクセスがありました。どこかのTV局でカザグルマが登場したのでしょうか...? 昨年の覇者のハルリンドウが6位で登場。 キンセイランは10週連続ランクイン。


 

2015/02/08 - 2015/02/14

ご訪問数:1414  閲覧ページ数:3494

 1.   セリバオウレン
 2.  

ミヤマモジズリの奥の間

 3.  

Dairy-Hiroダス 2月11日 待ちに待ちました

4.  

バイカオウレン

5.   キンセイラン
6.  

ササユリ

7.  

カザグルマ

7.  

スナビキソウ

9.  

シロバナネコノメソウ

10.  

スハマソウ

 

 

 

  季節の花のセリバオウレンが1位、13日までトップページを飾っていた「ミヤマモジズリの奥の間」が2位、そして14日掲載の今年最初のDairy-Hiroダスが3位に入りました。非常に順当な順位だと思います。

 あと2ヶ月ほどで時期を迎えるバイカオウレンも順位を上げ、これまた季節の花のシロバナネコノメソウやスハマソウもランクイン。 なぜか夏の花のササユリやカザグルマもランクイン。 夏のランのキンセイランは、順位を落としたものの9週連続ランクインで、ビックリです。


 

 

 

  最近追加した「奥の間シリーズ」が3編ランクインして嬉しいです。 季節の花のセリバオウレンが2位に浮上。 キンセイランがまた浮上し3位に。 これで8週連続ランクインです。 やはりこの花を見たい人は多いのでしょう。 Dairy-Hiroダスが2編ランクインしました。

 

 前週よりご訪問数、閲覧ページ数ともに下がってしまいましたが、まあ、こういうこともあるでしょう。 まだまだ冬です。 早く暖かくならないかな!

 


 

2015/01/25 - 2015/01/31

ご訪問数:1223  閲覧ページ数:2738

 1.   スルガジョウロウホトトギス
 2.  

テイショウソウ

 3.  

イズコゴメグサ

4.  

ジンジソウ

5.   スナビキソウ
6.  

セリバオウレン

6.  

クモキリソウ

8.  

ハルリンドウ

9.  

ササユリ

10.  

キンセイラン

 

 

 

  最近追加したページが1位〜5位に入ったことは嬉しいことです。 NHKの「ダーウィンが来た!」のアサギマダラ特集が再放送されたのか?、圏外に落ちたスナビキソウがまたランクイン。

 季節の花のセリバオウレンと季節ではないクモキリソウが同点6位に。

2014年上期の覇者、ハルリンドウがまたランクインしました。

 キンセイランは、上がったり下がったりですが、なんと7週連続でランクインしています!


 

2015/01/18 - 2015/01/24

ご訪問数:1163  閲覧ページ数:2640

 1.   ミズトンボ
 2.  

タカネフタバラン

 3.  

キンセイラン

4.  

ヒキヨモギ

5.   スルガジョウロウホトトギス
6.  

カヤラン

7.  

シモツケコウホネ

7.  

オオバノトンボソウ

9.  

ベニシュスラン

10.  

アカカゴタケ科

 

 

 

  先週異常なアクセス数があったアカカゴタケ科は10位に落ち、最近追加したページが上位に入りました。 既存ページのキンセイランが盛り返し、他はラン科が多く入りました。4週間前にトップになったオオバノトンボソウがまた同点7位でランクイン。NHKの影響があったスナビキソウは圏外へ(11位)。 

 

 ご訪問数、閲覧ページ数ともに先週より下がりましたが、これは先週が異常であったためと思います。


 

2015/01/11 - 2015/01/17

ご訪問数:1404  閲覧ページ数:2867

 1.   アカカゴタケ科
 2.  

スナビキソウ

 3.  

ハクウンラン

4.  

ヒメミヤマウズラ

5.   キセワタ
6.  

ヒキヨモギ

7.  

ハルリンドウ

8.  

Dairy-Hiroダス2014 1月26日 食道楽の旅 in 伊豆 vol.1

9.  

ごあいさつ

10.  

キンセイラン

 

 

 

  不思議な週でした。3〜6位は最近追加したページで、上位になったのは嬉しいこと。 しかしそれらを軽々と上回ったのは、キノコのアカカゴタケ科と、スナビキソウ。 スナビキソウは、11日にNHKの「ダーウィンが来た!」という番組のアサギマダラの特集が放映された影響に間違いありません。 TVの影響力って、スゴイ!


 しかし、アカカゴタケ科は? 過去1年間で300アクセスほどだったこのページが、今週だけで200アクセスを越えました。 何が影響してこんなに

 


急増したのか、さっぱりわかりません。 何かのメディアでアカカゴタケ科が注目されたことに間違いはないと思うのですが... ちなみにGoogleで検索すると、上から3番めに当サイトのページが出て来ました。このためアクセスが集中したのでしょう。

 

 その他、2014年上期の覇者、ハルリンドウが早くもランクインしました。 これからしばらくトップ10に居座る可能性大です。 1年前のDairy-Hiroダスがなぜかランクイン、そして「ごあいさつ」もなぜかランクイン。 初めてのことです。

 

 

2015/01/04 - 2015/01/10

ご訪問数:947  閲覧ページ数:2105

 1.   シロテンマ
 2.  

オオナンバンギセル

 3.  

ナギラン

4.  

2015年 年頭のご挨拶

5.   シモツケコウホネ
6.  

ハクサンチドリ

7.  

カヤラン

8.  

キンセイラン

9.  

ベニシュスラン

10.  

ミヤマツチトリモチ

 

 

 

  1年で最もご訪問数が少なくなる週を脱し、増加に転じました(ホッ)。これから7月下旬に向けて、多少の山谷はあれど、ずっと増加していくものと期待します。

 

 年が明けてから公開したページがトップから4位までを占め、作った甲斐がありました。 5位以降のページは「なぜこの時期に?」とは思うものの、ご訪問に感謝です。

 


 

2014/12/28 - 2015/01/03

ご訪問数:711  閲覧ページ数:1715

 1.   2014年お初の花
 2.  

2015年 年頭のご挨拶

 3.  

アツモリソウ

4.  

キンセイラン

4.   ミヤマスカシユリ
6.  

キクザキイチゲ

6.  

ヤマホオズキ

8.  

トラキチラン

9.  

ムヨウラン

10.  

イチヨウラン

 

 

 

 最もご訪問数が少なくなると予測したのは元旦でしたが、蓋を開けてみるとそれは大晦日で、ご訪問数は76、閲覧ページ数は117でした。 元旦はそれぞれ87,213となり、以降は上昇基調です。

 

2014年(1月1日〜12月31日)まとめ

 ご訪問総数:97,625 回

 閲覧ページ総数:228,467 ページ

 最多ご訪問日:7月7日 514

 最多閲覧ページ数日:7月2日 1,450

 最少ご訪問日:1月1日 43

 最少閲覧ページ数日:1月13日 101


 

2014/12/21 - 2014/12/27

ご訪問数:782  閲覧ページ数:1801

 1.   オオバノトンボソウ
 2.  

ハルリンドウ

 3.  

トンボソウ

4.  

キンセイラン

5.   ミヤマスカシユリ
5.  

カヤラン

5.  

2014年お初の花

8.  

超簡単ロールオーバー

9.  

アリドオシラン

10.  

ミヤマツチトリモチ

 

 

 

 なぜか今の時期にオオバノトンボソウが1位に。同点5位が3つ、その内「2014年お初の花」は公開後6時間足らずでこの順位に入りました。スゴイ!

 6位には「超簡単ロールオーバー」という花とは直接関係ないページが初めてランクイン。


 さていよいよ来週は1年で一番ご訪問者が少ない1週間に入ります。どうなることやら?


 よいお年をお迎え下さい。

 


 

2014/12/14 - 2014/12/20

ご訪問数:895  閲覧ページ数:1989

 1.   ミヤマスカシユリ
 2.  

キンセイラン

 3.  

ムヨウラン

4.  

ヒメアマナ

5.   キンラン
6.  

ミヤマツチトリモチ

7.  

ササユリ

8.  

ルリソウ

9.  

ムカデラン

10.  

ショウキラン

 

 

 

 今年も残り僅かとなりました。ご訪問の絶対数が少なくなっているので、わずかな差で順位が大きく変動する今日この頃です。 そんな中で、トップページに掲載したミヤマスカシユリが1位を獲得できたのは嬉しいことです。 なぜかムヨウランやササユリが頑張っています。

 閲覧ページ数も減少の一途ですが、閲覧ページ数は前週を僅かに上回りました。 関東地方でも天候が優れなかった12月20日は、119名の方が433ページを閲覧してくれ、この影響が大きかったようです。

 


 

2014/12/07 - 2014/12/13

ご訪問数:929  閲覧ページ数:1987

 1.   シテンクモキリ
 2.  

ハルリンドウ

 3.  

カザグルマ

4.  

クロヤツシロラン

5.   コアツモリソウ
6.  

フウラン

7.  

ホンゴウソウ

8.  

ササユリ

9.  

ムヨウラン

10.  

Dairy-Hiroダス2012年8月8日 夏休み花さんぽ駒ヶ根編

 

 

 

 とうとう1週間のご訪問数が1000回を切ってしまいました... 閲覧ページ数も2000を下回りました。 当サイトへのアクセスは野山の花の数と同期するので、仕方がないことですが... ちょっと寂しいですね。

 

 いやいや、みんな花マインドが低下するこの時期に、757名(ユーザー数)もの方が見に来て下さったのだから、これは喜ばないといけないですね! ありがとうございます。

 


 

2014/11/30 - 2014/12/06

ご訪問数:1083  閲覧ページ数:2150

 1.   シテンクモキリ
 2.  

ササユリ

 3.  

ヤマホトトギス

4.  

ツルギキョウ

5.   ベニシュスラン
6.  

アオキラン

7.  

アキザキヤツシロラン

8.  

カヤラン

9.  

クモキリソウ

10.  

ミヤマツチトリモチ

 

 

 

 1位を獲得したシテンクモキリ以外はすべて前週から入れ替わりました。 これはアクセスランキングを集計し始めて初のことだと思います。

アクセス数がとても少なくなるこの時期、わずかな偏りで大きく順位が動くのでしょう。



 

2014/11/23 - 2014/11/29

ご訪問数:1226  閲覧ページ数:2650

 1.   トンボソウ
 2.  

コフタバラン

 3.  

クロヤツシロラン

4.  

Dairy-Hiroダス 11/16 彩の国のキタミソウ

5.   シテンクモキリ
6.  

ツチアケビ

7.  

ツルリンドウ

8.  

ムヨウラン

9.  

Dairy-Hiroダス 10/26 北限のイワレンゲ

10.  

イワレンゲ

 

 

 

 この時期ご訪問数も閲覧ページ数も毎週緩やかに下降し続ける中で、今週は両方とも微増しました。

 

 トンボソウがいきなり圏外から1位へ。 何が起きたのでしょうか? シテンクモキリは公開後1日で5位に。 ムヨウランが2週ぶりに返り咲き。 トップ10の内、6つがラン科でした。


 

2014/11/16 - 2014/11/22

ご訪問数:1216  閲覧ページ数:2505

 1.   Dairy-Hiroダス 11/16 彩の国のキタミソウ
 2.  

イワレンゲ

 3.  

コアニチドリ

4.  

Dairy-Hiroダス 10/26 北限のイワレンゲ

5.   Dairy-Hiroダス 11/9 多摩川のカワラノギク
6.  

コフタバラン

7.  

ツチアケビ

8.  

ツルリンドウ

9.  

クロヤツシロラン

10.  

ハルリンドウ

 

 

 

 Dairy-Hiroダスが3編もランクイン。イワレンゲ編は一度ランク外になったものが復活です。イワレンゲの花のページも2位に上昇。やはり季節の花だからでしょうね。


 新規追加のコアニチドリやコフタバランがランクインしたのは、うれしいこと。 そして、あの2強が揃ってランクイン復活を果たしました。


 

2014/11/09 - 2014/11/15

ご訪問数:1374  閲覧ページ数:3150

 1.   Dairy-Hiroダス 11/9 多摩川のカワラノギク
 2.  

ホクリクムヨウラン 

 3.  

ハルリンドウ

4.  

ツメレンゲ

5.   ヤマラッキョウ
6.  

ツルリンドウ

7.  

クロヤツシロラン

8.  

ムヨウラン

9.  

サイハイラン

10.  

イワレンゲ

 

 

 

 入れ替わりが多い週でした。最新版のDairy-Hiroダスがトップに、同じく最近追加したホクリクムヨウランが2位に。ホクリクムヨウランつながりなのか、クロヤツシロランやムヨウランもランクインしました。


 

2014/11/02 - 2014/11/08

ご訪問数:1494  閲覧ページ数:3284

 1.   Dairy-Hiroダス 11/2 秋川渓谷歩き
 2.  

ツルリンドウ

 3.  

タデスミレ

4.  

Dairy-Hiroダス 10/26 北限のイワレンゲ

5.   ヤマラッキョウ
6.  

カキノハグサ

7.  

イヌセンブリ

8.  

イチヨウラン

9.  

ヤマホトトギス

10.  

ツメレンゲ

 

 

 

 最新版のDairy-Hiroダスが1位を獲得。1つ前の版も4位に留まりました。 ツルリンドウが3週連続2位をキープ。 野山の花アルバムに追加したタデスミレが3位に入り、カキノハグサも順位が上がってよかった。 イヌセンブリのランクインはわかるのですが、なぜかこの時期にイチヨウランやヤマホトトギスがランクイン。


 

2014/10/26 - 2014/11/01

ご訪問数:1610  閲覧ページ数:3513

 1.   Dairy-Hiroダス 10/26 北限のイワレンゲ
 2.  

ツルリンドウ

 3.  

ヤマラッキョウ

4.  

ツチアケビ

5.   シロバナムラサキセンブリ
6.  

Dairy-Hiroダス 10/19 秋晴れの箱根

7.  

ソナレセンブリ

8.  

ハルリンドウ

9.  

カキノハグサ

10.  

ツメレンゲ

 

 

 

 最近では最新版のDairy-Hiroダスが1位を獲得することが常になって来ました。 ツルリンドウやヤマラッキョウなど季節の花が上位を占める中で、ツチアケビが順位を上げ、ハルリンドウが再ランクインしました。 この2種は、もはや季節に関係なくトップ10の常連さんです。


 季節は外れますが、掲載したばかりのカキノハグサがランクインしたのは嬉しいことです。

 


 

2014/10/19 - 2014/10/25

ご訪問数:1698  閲覧ページ数:3494

 1.  

Dairy-Hiroダス 10/19 秋晴れの箱根

 2.  

ツルリンドウ

 3.  

ソクシンラン

4.  

ヤマラッキョウ

5.  

イヌセンブリ

6.  

ツチアケビ

7.  

Dairy-Hiroダス 10/11 秋の渓谷に

8.  

シロバナムラサキセンブリ

9.  

ツルギキョウ

10.  

ツメレンゲ

 

 

 

 冬の気配も日に日に濃厚になり、それに連れてアクセス数も減少の一途です。これは毎年同じ傾向です。この後多少の山谷はあれど年末に向けて減り続け、そして元旦に最低アクセス数を記録する。こんな予想です。

 

 先週も入れ替わりの多い週でした。Dairy-Hiroダスが2編ランクイン。季節の花のヤマラッキョウやイヌセンブリがランクイン。季節は外れますが花アルバムの新設ページであるソクシンランもたくさん見て頂いたのは嬉しいことです。

 


 

2014/10/12 - 2014/10/18

ご訪問数:1792  閲覧ページ数:3608

 1.  

Dairy-Hiroダス 10/11 秋の渓谷に

 2.  

ツチアケビ

 3.  

ヤマホトトギス

4.  

ツルリンドウ

5.  

アカカゴタケ科

6.  

ホトトギス

7.  

シロバナムラサキセンブリ

8.  

イワレンゲ

9.  

ハルリンドウ

10.  

ヤマサギソウ

 

 

 

 またDairy-Hiroダスの最新版が1位に。 驚いたのは「LIVES!」の中のアカカゴタケ科が5位に飛び込んできたこと。「LIVES!」のページが、しかもキノコがランクインするのは初めてだと思います。 今週もツチアケビとハルリンドウの「2強」がトップ10内に。 7位のシロバナムラサキセンブリは実はセンブリであったので、訪れた方にちょっと申し訳ない。

 


 

2014/10/05 - 2014/10/11

ご訪問数:1866  閲覧ページ数:4055

 1.  

ツチアケビ

 2.  

シライトソウ

 3.  

ヤマホトトギス

4.  

セイタカスズムシソウ

5.  

アキザキヤツシロラン

6.  

ヒメヒゴタイ

7.  

イヌセンブリ

8.  

スズムシソウ

9.  

ハルリンドウ

10.  

ツルリンドウ

 

 

 

 今週もツチアケビとハルリンドウの「2強」がトップ10に。 最近作成したシライトソウやセイタカスズムシソウがランクインしたのは嬉しいのですが、ツチアケビの後塵を拝しているのが悔しい。 アキザキヤツシロランやイヌセンブリなど季節の花が新規ランクイン。 ヒメヒゴタイも頑張っています。

 


 

2014/09/28 - 2014/10/04

ご訪問数:1880  閲覧ページ数:3876

 1.  

Dairy-Hiroダス9月28日 三浦半島の一日

 2.  

ツチアケビ

 3.  

ヤマホトトギス

4.  

スズムシソウ

5.  

ツルリンドウ

6.  

ハルリンドウ

7.  

ツルギキョウ

8.  

ヒメヒゴタイ

9.  

ホトトギス

10.  

ホソバノツルリンドウ

 

 

 

 Dairy-Hiroダスの最新版が1位に。季節的にヤマホトトギスやツルリンドウ、ツルギキョウといった花はわかるのですが、なぜに今ハルリンドウが圏外から飛び込んで来るのか?

不思議です。

 ハルリンドウは2014年上期のページアクセスランキングで圧倒的なアクセス数で1位になりました。 ハルリンドウは情報の需要がすごく多いのでしょうか...?